スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]パーキンソンの法則  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]パーキンソンの法則

C.N.パーキンソンによる組織論。分かりやすい例示を中心に統計も交えながらの展開で、読みやすい。著者自身が海軍に所属していたことから、おもに軍隊や公務員の組織の話が中心になっています。50年前に著された本ですが、その内容は現在でも有効です。全10章で、各章にそれぞれ法則と呼べるものが語られています。

本書のタイトルの由来は第一章「パーキンソンの法則 - 公務員は如何にしてふえるか」です。組織はその業務の内容によらず、かならず肥大化する。実例としてまず挙げられているのは、20世紀前半のイギリス海軍省です。戦艦の数も軍人の数も減っていく中で、技官と技術的事務員の数はなぜか増加しています。また同じくイギリスの植民地省の人員も、全体の仕事量が減少しているはずなのにもかかわらず、増加しています。ここで公式が登場します。これがこの本の面白いところ。

x = (2k^m + l)/n

xは毎年新たに要求される人員の数。kは部下を得て昇進をのぞむ人員の数。lは任官時と退職時の年齢差。mはその省の中で、ある覚え書きに回答するのに要する人時。nは管理されている下部組織の数。

これだけ見るとポカンとなりますが、本文を読むと納得できます。自分の組織にあてはめてみましょう。

組織の中で動いている人にとって、それぞれ興味深い話題だと思います。特に第4章「閣僚の定数」は最適な会議人数に付いての法則ですが、個人的にはもっとも納得かつ参考になりました。

正直、知らずに読むとネタ本かと思えます。もうちょっと分かりやすいタイトルでも良かったかなと思います。

スポンサーサイト

RFC 5034 翻訳公開  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - RFC 5034 翻訳公開

RFC 5034 日本語訳を公開しました。POP3 SASL です。

第3章の「告知される状態 / 起こり得る差異」は、原文では「Announced states / possible differences」です。違うだろうなぁと思いつつ、訳語が出てきませんでした。要注意でお願いします。お約束ですが、正確な知識を求めるなら原文を参照してください。

久しぶりの更新でした。

[本]リプレイ  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]リプレイ

ケン・グリムウッドの長編SF。タイムリープものを読みたいと思い、買ってみました。題名がそのままで分かりやすい。

43才で死亡した主人公のジェフは、気が付くと記憶と知識はそのままに、18才の頃に戻っていた。彼にとっては一度経験している株や競馬を使って大金持ちになります。しかし43才になり、一度死んだ同じ日の同じ時刻、彼は再び死亡します。ところがまたしても過去に。何度もタイムリープを繰り返す中で、同じ運命を持つ女性、パメラ・フィリップスに出会います。この不思議な現象の謎を解こうと、二人は未来を予想することで自分たちの置かれている立場を理解してもらおうとしますが、周囲は完全に超能力扱い。同じ運命を持つ同士として最初は惹かれあっていた二人の関係も徐々に険悪に。さらに何度もタイムリープを繰り返すうち、そのの間隔が徐々に短くなっていることに気付きます。最初は25年前だったものが、数年前、数ヶ月前……。この間隔がゼロになったとき、いったい何が起こるのか。

プロット的にはありがちですが、いくつかの新しい要素を取り入れることで新鮮味が出ています。またこの小説の特徴と言えると思いますが、人間の内面に切り込んだ描写が非常に鮮明です。軽く読むつもりでいたのに、胸が痛い。

うまく行かないタイムリープものということで、映画ですが「バタフライ・エフェクト」を思い出しました。

おもしろ  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - おもしろ

「情マネ流マーフィーの法則」

全部納得できるわけではないものの、面白い。読みふけってしまった。加筆されて本になりそうな内容ですね。

ほぼ月一連載で一年続いています。まだ続くようなので期待。

[本]ジキル博士とハイド氏  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]ジキル博士とハイド氏

ロバート・ルイス・スティーヴンスンによるホラーの古典。タイトルは誰でも聞いたことがあるでしょうが、作者を知る人は少ないでしょうね。私も知りませんでした。

十字路で平然と少女を踏みつけて、高名な医師「ジキル博士」の屋敷に入って行く奇怪な風貌の男「ハイド」。非情に背が低く、悪辣な顔をした怪物はいったい何者なのか。ジキルの友人である弁護士のアスタンは、博士から自分が死亡したら遺産をすべてハイドに譲るとう奇妙な遺言状を受け取り不審を抱きます。そんななか殺人事件も発生し、その容疑者としてハイドが浮かびます。それにしても、怪物ハイドとジキル博士とは、いったいどういう関係なのか。そして最後、ジキル博士からの手紙という形ですべての真相が明かされます。

ホラーといっても恐怖感をあおるような内容にはなっておらず、ミステリーのような印象を受けます。使い古された言い方ですが、古くて新しい小説。

本編は130ページほどです。分かりづらい妙な倒置法が多く、翻訳がこなれていない感はあります。それでも全体の構成がよくできているので、ストーリーから気持ちが離れるほどではありません。一度は読みたい名作古典です。

Google chrome  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Google chrome

Googleの新ブラウザchromeが出て1週間以上経過しました。- srgia.memo.space -のブラウザシェアを見てみます。集計期間は9/6~9/12の1週間です。

Internet Explorer 68.14%
Firefox           25.43%
Chrome             2.62%
Opera              2.62%
Safari             0.54%

一躍躍り出た感じですが、まだまだですね。最初は興味本位で使う人も多いはずなので、しばらくは伸び悩むでしょう。私自身はまだ使っていません。もう少しアラが出てから使ってみたいと考えています。

[本]あなたの人生の物語  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]あなたの人生の物語

テッド・チャンのSF短編集。同著者の作品は初めてでしたが、面白い。全8編で、すべての話が何らかの賞を受賞しています。正直、前編一気に読むともったいない気すらします。一日一話、計8日間楽しむのが良いかもしれません。短編集としては小川一水の「老ヴォールの惑星」以来のヒット。

SFに分類されているものの、コテコテのSFという印象は受けません。特に、天まで届く塔を建設する「バビロンの塔」や、文字が動力を生み出す不思議な世界を描いた「七十二文字」などは、SFというよりファンタジーです。「顔の美醜について」は、外見的魅力を感じるかどうかをコントロールできるようになった未来を描く精神的SF。「地獄とは神の不在なり」もそれに近い。タイトルからは予想外ながら「あなたの人生の物語」が、もっともSFチックです。

続編を書きにくそうな話、似た話を書くとすぐにばれそうな話。良い作品は得てしてそういう印象を受けますが、この本はすべてがそう思えるほどの出来栄えです。個人的に短編は苦手な部類ですが、どの話も非常におもしろかった。

これはっ  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - これはっ

Inspiron Mini9

ファンレス、SSD、販売開始は2008年9月5日。Ubuntuプレインストール版も用意されていてるのが良い。なお、Ubuntu版は9月下旬の製造開始予定だそうです。

これが5万円程度で手に入るとは……。バッテリ駆動時間が書かれていませんが、ゼロスピンドルなので長時間駆動を期待できると思います。メモリ512MBで4GB SSDのベーシックパッケージは5万円ですが、メモリ1GBで16GB SSDのプラチナパッケージでも6万5千円。これなら迷わずプラチナを選びますね。

すでにサブノートは持っているんですが、これは次の候補として最有力です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。