スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]宇宙創成  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]宇宙創成

宇宙創成〈上〉 (新潮文庫)
宇宙創成〈上〉
宇宙創成〈下〉 (新潮文庫)
宇宙創成〈下〉

再び出ましたサイモン・シンです。著者名だけで期待してしまうノンフィクション作家というのは珍しい。「フェルマーの最終定理」「暗号解読」に続くお題は「宇宙創生」。

人類が宇宙に目を向けてから、現在確固たる地位を得ているビッグバン理論までの、長い歴史を取り巻く勝者と敗者の物語。この「物語」と言いたくなるような話の運び方がサイモン・シンのすばらしいところ。理論や現象そのものだけでなく、その背後に生きている人間を意識させます。

紀元前の古代ギリシャの天文学者エラトステネスは、毎年夏至の日の正午になると底まで太陽の光がとどく井戸の話を耳にしました。その瞬間の太陽は真上に来ており、影ができないはず。そこより北に位置する別の場所で、同じく夏至の日の正午、まっすぐに立てた棒の影が作る角度を測ります。これら二箇所の距離と角度の差とから、エラトステネスは人類史上初めて地球の大きさを科学的に計測したのです。その精度は当時としては驚くほど正確でした。それに対しサイモン・シンは「地球という惑星を測定するために必要なのは、優れた頭脳と一本の棒を持つ一人の人間だけだということが明らかになった。換言すれば、一人の人間の頭脳といくつかの実験装置があれば、たいていのことはできそうに思えるのだ。」と、最大級の賛辞を送ります。

特に定常宇宙論とビッグバン宇宙論の対比は非常に分かりやすく書かれています。最終的に定常宇宙論は敗者となるわけですが、それに関わった人物のエピソードや理論が詳細に書かれており、敗者にも賛辞を送るサイモン・シンの姿勢がよく現れているように思います。

ハードカバーのタイトルは「ビッグバン宇宙論」でした。この改題は正解だと思います。理を論ずるような内容ではありません。人類の英知が宇宙の起源に迫った現時点での到達点。その道のりです。

スポンサーサイト

「電源を切る」ために「スタート」する?  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「電源を切る」ために「スタート」する?

巷でよく言われるWindowsのUIの問題です。シャットダウンするために「スタート」するのはいかがなものか。最近はあまり聞きませんかね。Windows95が出た頃はよく言われていました。

スラッシュドットジャパンで知ったのですが、ちゃんといきさつがありました。Why do you have to click the Start button to shut down?

(拙訳)

なぜシャットダウンするためにスタートボタンをクリックしなければならないのか?

短い答え:車を止めるためにイグニッションキーを回さなければならないのと同じ理由です。

長い答え:初期の頃、タスクバーにスタートボタンはありませんでした。(未来の歴史コラムでは、あなたは初期の頃にタスクバーがタスクバーと呼ばれていなかったことを学ぶでしょう。)

スタートボタンの代わりに、左下のコーナーに三つのボタンがありました。ひとつは "システム(System)" ボタン(アイコンはWindowsの旗)、ひとつは "検索(Find)" ボタン(アイコンは目玉)、三つ目は "ヘルプ(Help)" ボタン(アイコンは?マーク)でした。"検索" と "ヘルプ" とは説明不要でしょう。"システム" ボタンは以下のメニューを表示していました:

 実行...
 タスクリスト...
 --------------------------
 デスクトップアイコンの整列
 ウィンドウの整列          4
 --------------------------
 シャットダウン

("ウインドウの整列" には、"重ねて表示(Cascade)"や"水平に並べて表示(Tile Horizontally)" などのオプションがありました。)

当然ながら、時間とともに "検索" と "ヘルプ" が徐々に "システム" ボタンメニューに加わり、システムボタンメニュー自体が徐々に Windows 95 のスタートメニューに変化していきました。

しかしある問題がユーザビリティテストで挙がり続けていました。人々はコンピュータを起動してただそこに座り、次に何をするべきか迷うのです。

私たちがシステムボタンに "スタート" とラベル付けすることを決めたのはこのときです。

それは "お馬鹿さん、ここをクリックしなさい" と言っているのです。そしてそれは、私たちのユーザビリティの順位を急激に上昇させました。なぜなら人々は突如として、何かをしたいときにどこをクリックするべきかを知ったからです。

では、なぜ "シャットダウン" がスタートメニューにあるのか?

私たちが人々にコンピュータをシャットダウンするように言ったとき、彼らはスタートボタンをクリックしたのです。

なぜなら、どのみちあなたがシャットダウンしたいときには、どこかから始めなければならないのですから。

(さらに、もし私たちがスタートボタンの隣に "シャットダウン" ボタンを置いたとしたら、貴重な画面の領域を確保するために、誰もが私たちにそれを取り除くよう求めたことでしょう。)

つまり、ユーザビリティテストの結果として、そのインターフェイスが優れていたからなんですね。まったく理にかなっています。理論的に整合の取れたものが必ずしも使いやすいわけじゃない。

で、かく言う私はといえば、スタートメニューからシャットダウンすることに最初から特に違和感ありませんでした。言われてみて初めて、ああなるほどという程度です。「シャットダウン作業をスタートする」で良いですよね。

なんにせよ、すっきりしました。

RFC 5321 翻訳公開  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - RFC 5321 翻訳公開

RFC 5321 日本語訳を公開しました。SMTPです。

以前に公開したRFC 2821 日本語訳のアップデートになります。似ている部分もありますが、一から訳し直しました。

お約束。正確な意味を知りたい場合は必ず原文を当たってください。

Google翻訳はどういう仕組みなんだろうか  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Google翻訳はどういう仕組みなんだろうか

Google翻訳というものがあります。最近 iGoogle に追加できることを知って重宝しています。

このGoogle翻訳でアルファベット1文字を翻訳すると、なんか変な感じです。

a	  1つの
b	  定義が見つかりませんでした
c	  定義が見つかりませんでした
d	  エ
e	  メール
f	  金
g	  グラム
h	  時間
i	  わたし
j	  定義が見つかりませんでした
k	  韓国
l	  リットル
m	  メートル
n	  N
o	  または
p	  定義が見つかりませんでした
q	  問
r	  研究
s	  秒
t	  トン
u	  ū
v	  五
w	  ワット
x	  Xの
y	  イ
z	  Ž

d とか f とか謎です。k は何故に「韓国」? u と z は英語から日本語に翻訳しているのに謎の記号になってますね。

なんだか不思議な結果になったので、ついでにアルファベット2文字でも調べてみるとこんな感じ。

aa	単3形
cc	蹐
dd	DDの
ee	エストニア
ff	ffを
gg	ゴールデングローブ
hh	をhh
ii	二
kk	undefined
mm	ミリ
nn	nnは
oo	卵
pp	PPの
rr	RRを
ss	s
vv	のVV
ww	見てなかった
xx	イグゼクス
yy	はYY

抜けているところは「定義が見つかりませんでした」でした。

oo が「卵」。ww は何故に「見てなかった」? ちなみに「nn ff ww」を翻訳すると「nnはffを見てなかった」になって暗号っぽい。aaの「単3形」やeeの「エストニア」はちゃんと辞書に載ってますね。ということは他もそれなりに正しいのかなぁ。

さらにアルファベット3文字を調べてみると、ますます謎の翻訳結果が出てきます。ddd が「ドライヤー」とか。気になる人はこれ以外も調べてみるとけっこう暇つぶしになりますよ。

なぜこんなところに突っ込んだかと言うと、「K&R 」(超有名なC言語の本の通称)を含む文章を翻訳したら「韓国&研究」となったからでした。

なんだかよく分かりませんが、なんとなく「Googleらしい」感じがしますね。「翻訳を改善する」という機能があって、翻訳結果を改善する意見を送信できるんですが、そのうち集合知で改善されていくのかな?

[本]IT業界の冒険者たち  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]IT業界の冒険者たち

ずいぶん前に読んでもう手元に原本はないのですが、ネットで公開されているのを知って思い出しました。「第1回 よみがえったアップルの顔」から、今日時点で第21回まで公開されています。

少し読んだだけでもこの本の魅力が十分に読み取れるはずです。基本的に成功談なのですが、中には失敗談もあります。といっても、そんじょそこらの失敗談とはスケールが違います。現実離れしていても、これは現実です。身近に感じるのは難しいですが、言わばこれはドラマです。

おそらく狙ってのことだと思いますが、筆者の主観は極力廃されています。その結果、IT業界に特化した人物伝のような内容になっています。上記サイトによれば計117人ということで、これだけの数の人物を網羅すれば十分でしょう。共通するのは「読んでいて気持ちいい」ということ。こういう本は今でも珍しいんじゃないかと思います。

上記サイトはかなりの頻度で更新されていますので、半年程待てばすべてネットで見られるかもしれません。待てない人、じっくり読みたい人は買ってみましょう。モチベーションを上げるにはぴったりです。

過去の Java Update は削除しても良いのか  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 過去の Java Update は削除しても良いのか

結論は「削除して良し」です。

基本的に最新版以外削除してよいでしょう。環境変数のPATHにbinフォルダへのパスが設定されているはずなので、最新バージョンのパスに変更しておくこと。あと人によっては環境変数JAVA_HOMEも確認する。

上の説明がよく分からない場合は、もう全部削除して最新版を入れなおしたほうが良いでしょう。特に問題ないはずです。

しょっちゅうアップデートが出るくせに、過去のバージョンが全部残るへんてこりんな仕様をなんとかしてほしいところです。しかもアップデートのサイズは百数十メガバイトと馬鹿になりません。こんなのでシステムドライブが容量不足になったらたまりませんよね。

[本]人獣細工  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]人獣細工

小林泰三のホラー。「人獣細工」「吸血狩り」「本」の短編三本が収録されています。一年ほど前に紹介した「玩具修理者」以来です。前作はえらい衝撃を受けましたが、今回も負けず劣らず。

「人獣細工」は途中で話の本質が見えてきますが、分かっていても怖いというのはホラー映画に通じるものがあります。玩具修理者に通じるスプラッター的ホラーです。エグイ小説とはこういうものでしょうか。

「吸血狩り」は読む人によって相当に受け取り方が違うであろう非常に微妙な結末です。タイトルからも予想できるように吸血鬼ものなのですが、こんな展開のものは珍しい。夏休みに田舎に帰省した8歳の少年と、彼がほのかに憧れる従姉、従姉にせまる黒服の大男。大男の不気味さに押されますが、よく考えるとどうなんだろう。超自然的な現象を素直に信じられる8歳という年齢が、この話の結末を謎の多いものにしています。

「本」。芸術家を「インストールする」という超常的発想が面白い。痛々しい描写とコミカルな描写は映像向きですが、クラクラする結末は小説向き。

三篇それぞれ良く出来ており、読み応えがあります。巻末の解説はちょっとネタばらしが目立ちますので、解説を読んでから買うタイプの人は要注意。

RAIDとバックアップ  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - RAIDとバックアップ

「GNUのレポジトリ・サーバー、クラッシュ」ということで、もっと大騒ぎになって良さそうな話題だと思ったんですけどね。

いきさつはhttp://lists.gnu.org/archive/html/savannah-users/2009-05/msg00023.htmlに書かれています。

RAID構成でバックアップもちゃんと取られていたようですが、RAIDの不調でダウン、不調なRAIDから取っていたバックアップのデータが不完全なことが判明と、非常にありそうな最悪に近いストーリーです。一ヶ月分のデータが飛んだとなれば、普通の企業なら倒産レベルのダメージを受けそうです。

上記サイトでも触れられていますが、http://lists.gnu.org/archive/html/savannah-users/2009-06/msg00027.htmlによれば、

Good news: we discovered a new backup from May 27th.
After tests, it appears to be a complete backup.

とのことで、どうやら失われたのは1日分になったようです。良かった良かった。

教訓を学べる事件でした。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。