スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]英語の発想  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]英語の発想

直訳から意訳への転換にまつわる様々な作業が分析されています。英語の発想と日本語の発想との本質的な違いなど、新しい発見がありました。英語の文章と日本語の文章とが対比して書かれているので分かりやすいと思います。

ただ残念ながら本編の文章が読みづらいです。仮定の上に推測を複数重ねて結論だけ断言するような書き方が多く、不安定な土台の上に家を建てているような気分になります。表紙の返しに著者の略歴が載っているのですが、それを見ると著者は完全な文系人です。翻訳という作業は理系的な考え方では割り切れないものだとは思うのですが、理系人が読むと不安な気持ちになると思います。

ということで、一気に読み進めようとすると精神的につらいですが、細かいところは気にせずざっくり読んで、論旨だけ理解すれば良さそうです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/152-13a27b11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。