スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

UltraVNC  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - UltraVNC

フリーのリモートコントロールソフトです。自宅に Windows XP のマシンが二台あります。一台はメインマシンとして普通に使っていて、もう一台はサーバーとして動かしています。いちいちサーバーの前に行かずに、メインマシンからもう一台を操作したい。ということで今使っているのが UltraVNC です。

VNC は元々 AT&T によるクローズドなソフトでした。それがオープンソースとして公開され、いくつかの派生クローンを生んでいます。歴史的には紆余曲折がありましたが、本家と言えるVNCは現在 RealVNC という名前で開発されています。オープンソース化されてからも本家ということでしばらく RealVNC を使っていましたが、反応速度の遅さに不満がありました。そこで試したのがこの UltraVNC です。派生ソフトの中でも UltraVNC は高速です。

日本の方による日本語版が別途配布されています。本体のインストール後に一部のファイルをそれらに置き換えることで、クリップボード共有による日本語のコピー&ペーストや漢字キーに対応します。日本語入力モードへの切り替えはマウスで言語バーをクリックすればなんとかなりますが、クリップボード共有の日本語対応はどうしようもありません。とりあえずこれは入れておいた方がよいでしょう。最新のバージョンでは事前に本体をインストールしておく必要がなくなっているみたいです。

速度に関しては別途配布されているビデオドライバを入れることで改善されます。私がインストールしたことのある環境では、このビデオドライバを入れないと速度的に RealVNC とほとんど変わりませんでした。別途インストールする必要があるのでちょっと面倒ですが、入れるだけの価値はあります。試してませんけど、インストールはサーバー側だけで効果があるはずです。

ちなみに Windows XP 同士なら OS 標準のリモートアシスタンスの方が反応速度は高速です。が、リモートアシスタンスは両方のコンピュータの前に人がいることを前提としており、接続される側で毎回「接続を許可する操作」が必要になります。無人のマシンをリモートから操作する目的には向きません。

また Windows XP Professional や Windows Server 2003 が相手なら、OS 標準のリモートデスクトップもあります。しかしこれは Unix の ssh や telnet みたいなもので、ローカルのデスクトップをリモートから操作できるわけではありません。それに Windows XP だと同時に 1 ユーザしかログオンできず、リモートデスクトップからログオンすると、ローカルでログオンしているユーザはログアウトされてしまいます。Windows Server 2003 の場合は同時に複数人がログオンできるので複数の作業を平行して行えます。これはこれで便利ですが、何にせよ VNC とは目的が違いますね。

本家はこちら。日本語版はNANASI's HomePageです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/173-d47b9d3d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。