スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゾウの耳はなぜ大きい?―「代謝エンジン」で読み解く生命の秩序と多様性  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - ゾウの耳はなぜ大きい?―「代謝エンジン」で読み解く生命の秩序と多様性

「へぇー」と思える興味深い話ばかり。おもしろいです。

なぜ陸上に大型爬虫類はいないのか。なぜ北国の鳥の足は凍らないのか。南極でのコウテイペンギンの奇妙な生態。北極に生きる哺乳類の不思議な生き残り戦略。砂漠でのラクダの驚くべき生存能力。それを上回るオリックスの生存能力。タイトルにもなっている、なぜゾウの耳は大きいのか。このような純粋な疑問に対して、代謝エンジンという観点から論理的に納得のいく答えを導き出しています。

欲をいえば、昆虫にも触れて欲しかったかな。

本筋とは関係なかったのですが、印象に心に残った言葉。「よくある話ではあるが、結局、科学は地元の人々が昔から常識として知っていることを再発見したにすぎないのだ。」

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/196-128d84a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。