スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界から見た日本  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 世界から見た日本

面白い記事「Global Poll Finds Iran Viewed Negatively」。痛いニュース(ノ∀`)からリンクされていたこちらのサイトで知りました。

記事は33ヶ国39,435人に対してのアンケート結果です。質問の内容は「Please tell me if you think each of the following are having a mainly positive or mainly negative influence in the world」、ざっくり訳ぜば「次の国々は世界の中で主に好ましい影響を与えていると思いますか? 主に悪い影響を与えていると思いますか?」といった感じですね。アンケート実施国に日本は含まれていませんが、質問対象には含まれています。

ページ上部に詳しい結果と調査方法が載ったPDFのリンクがあります。それによればアンケート方法は対面または電話で、サンプル数はもっとも少ないブラジルでも800人、それ以外の国では1000人以上です。

日本のアンケート結果へのコメントを引用してみます。

Japan

Japan received very high ratings. Of the 33 countries polled, a remarkable 31 gave a positive rating and 21 of these were a majority. On average 55 percent gave a positive rating and 18 percent a negative one. Japan was not rated in the 2004 BBC World Service poll.

The two exceptions were China and South Korea, where 71 and 54 percent, respectively, said that Japan is having a negative influence. Otherwise the only countries to have more than 30 percent with a negative rating for Japan were France (36%) and Iran (33%), but both of these were still predominantly positive (France 47% positive, Iran 57%).

Interestingly some of the most positive countries are in Japan’s region of the world. An extraordinary 85 percent of Indonesians and 79 percent of Filipinos give Japan good grades. Australians are also quite positive (60%).

Europeans are all quite positive, including Great Britain (57%), Germany (54%) and especially Spain (69%). France and Italy are more low key (47% and 48% positive, respectively). Also quite positive are Americans (66%) and Canadians (62%).

-- 拙訳 --

日本

日本は非常に高い評価を受けています。33ヶ国による投票のうち実に31ヶ国が好意的な評価で、そのうちの21カ国で好意的な評価が過半数を超えています。平均すると55%が好意的、18%が非好意的でした。2004年の BBC World Service の調査に日本は含まれていませんでした。

二つの例外国は中国・韓国で、それぞれ71%・54%が日本に非好意的だと回答しています。日本に非好意的と回答した比率が30%を超えているのは、この二国以外ではフランス(36%)とイラン(33%)とでしたが、両国とも大部分は好意的でした(フランスは47%、イランは57%が好意的と回答)。

興味深いことに、もっとも好意的な国の一部は日本と同じ地域にあります。インドネシアでは85%、フィリピンでは79%が日本によい評価を付けています。またオーストラリアも非常に好意的です(60%)。

ヨーロッパ人も非常に好意的で、英国では57%、ドイツでは54%、スペインでは実に69%が好意的と回答しています。フランス・イタリアではそれより低くなっています(それぞれ47%・48%)。またアメリカ・カナダも非常に好意的です(それぞれ66%・62%)。

訳注:「positive」「negative」 を「好意的」「非好意的」と訳してみましたが、実際には「国は嫌いだけど良い影響を与えていると思う」や「国は好きだけど悪い影響を与えていると思う」という回答もあり得ると思います。なので単純に好感度と捉えるのは語弊があるかもしれません。

ヨーロッパの評価が非常に高いことや記事自体がヨーロッパ発ということを考えると多少間引いて受け取るべきかもしれませんが、傾向としては信用しても良いんじゃないでしょうか。日本人として素直に嬉しいですね。日本は世界から評価されているんですよ。

褒められると嬉しい日本人。よその国と比べて「日本はこんなに酷いダメな国だ」と自分から自虐的に言ってしまいますが、もしかするとそれは、周りから「いやいやそんなことないよ、日本はすごいよ素晴らしいよ」と言って欲しいからかもしれません。

日本でアンケートが実施されていたら、どういう結果になっていたでしょうね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/214-77fd08d6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。