スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]老ヴォールの惑星  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]老ヴォールの惑星

初めて読む小川一水の本、ハードSF4編が収録されています。分厚めの本なので短編といっても比較的長い話になっています。基本的には一話一アイデアという感じですが、アイデアのみで勝負というような軽い内容ではなく、それぞれに濃いストーリーがあり、その世界に引き込まれます。

最初長編だと思って読み始めて、どこで話が繋がるのかなぁと思いつつ、二話目の途中で短編集だということに気が付きました。一話目の「ギャルナフカの迷宮」がとても印象的で続きを読みたくなります。その先走った気持ちのためか、二話目の「老ヴォールの惑星」でコンタクトを取ろうとしてしている相手がそうなのかと思ってしまった次第です。

「ギャルナフカの迷宮」はフィクションですがサイエンス的ではなく、よく出来た映画のようなストーリー展開で読ませます。「老ヴォールの惑星」はガチガチのハードSFで、4話の中では一番理解しにくいと思います。「幸せになる箱庭」はわりとありがちな設定のハードSFですが、微妙に人間性を取り込むことで新鮮な話になっています。「漂った男」は明らかにSFであるにもかかわらず、そういう印象を与えない不思議な話です。

各話から受ける印象がまったく違い、どれが一番よかったか決められません。もっと早く出会いたかった。

ひとつ難点。読点の使い方に相当な揺らぎがあります。意図的にそうしているのかなぁ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/289-0469125d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。