スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]マヴァール年代記(全)  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]マヴァール年代記(全)

田中芳樹によるファンター時代小説。現実の歴史を基にした話ではなく、独自の歴史を持つ空想世界を舞台にした時代小説です。長い歴史の中の一時代を描いた物語としてきれいに完結しており、なんとなく三国志に近い印象を受けます。

皇帝ボグダーン二世の亡き後、帝位を継承するのは誰か。カルマーン、ヴェンツェル、リドワーン。学友であり、性格のまったく違う三人を中心に、三者三様の思惑のなか、帝位をめぐる物語が進んでいきます。そしてその三人を食ってしまうほどの存在感を見せる男勝りのアンジェリナ姫。善悪の分かりやすい魅力的で人間臭さのある登場人物もさることながら、ストーリーそのものも緻密に描かれているため、個人に感情移入しつつも国の興亡に一喜一憂します。

この本を買ったきっかけ。同著者の「銀河英雄伝説」を読んでみようと思って探していたところ、創元SF文庫から新しいシリーズとして出版中でした。それまでに何か他の作品を読んでみようと思って評価の高かったこの本にしてみました。よかった。1,000円でこの内容は安い。創元SF文庫の銀河英雄伝説が出揃うのが待ち遠しい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/331-492ed3a2

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。