スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]恐るべき旅路 - 火星探査機「のぞみ」がたどった12年 -  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]恐るべき旅路 - 火星探査機「のぞみ」がたどった12年 -

火星探査機「のぞみ」に付いて、宇宙分野で定評のある松浦晋也が書いたドキュメンタリーです。1,400円でこんなにボリュームがあって良いんですか?と聞きたくなるほど濃い内容。技術的に詳しく、人に密着した取材もあり、歴史を振り返ることもできる。非常に充実した内容です。

ご存知の通り、「のぞみ」は本来のミッションに失敗します。しかしこの本を読んでいると、結果が分かっていても応援したくなります。少ない予算のなか、燃料を持たせるための曲がりくねった軌道を考え出し、ビーコン信号による1ビット通信を使うなど、費用の掛からない「頭脳」でなんとか目的を達成しようとする努力は感動的であり、悲壮でもあります。

Jaxa の「火星探査機『のぞみ』Q&A」も併せて読みましょう。その中の一節「どんなに順調に素晴らしい業績をあげた衛星や惑星探査機でも、その主要なスタッフに訊ねてみると、とてつもなくピンチな状況をいかに英雄的に乗り越えてきたか、わくわくするようなエピソードを語ってくれるに違いありません。」

「のぞみ」は本来のミッションに失敗しましたが、その背後には鳥肌が立つような懸命の物語があったのです。最近、宇宙開発関連の予算は削減される一方ですが、それを決めている人たちはこういう現場を知っているんでしょうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/332-33013675

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。