スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

砂漠化  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 砂漠化

http://www.tbs.co.jp/ichibyou06/contents/chapter05.html によると、「~1秒間に 世界で1900平方メートルが砂漠化しています~」。でもって、「~1秒間に 世界では1414平方メートルの土地が緑を取り戻しています~」です。差し引きすると、1秒間に約500平方メートル(0.0005K㎡)が砂漠化していることになります。

http://ja.wikipedia.org/wiki/世界の地理によれば、地球の陸地の面積は148,890,000k㎡。それがすべて砂漠化の対象だとすると、陸地がすべて砂漠化されるのに掛かる時間は 148,890,000÷0.0005 = 297,780,000,000(秒) ≒ 3446528(日) ≒ 9,442年。すでに砂漠化している場所や、オーストラリアなどに多い岩場や、緑化されようのない南極大陸などを除くと短くなります。

砂漠化され得る土地の総面積が不明なのでなんとも言えませんね。仮に全陸地の3分の1がそうだとすると約3100年、10分の1だとすると約940年になります。

逆に砂漠化しすぎて食い止めようのなくなるリミットもあるはずですが、それも分かりませんね。まぁ適当に100分の1とすると、「今の陸地の3分の1が砂漠化され得る土地だとして、陸地の100分の1まで砂漠化されると回復不能」なら約3000年後に終了、「今の陸地の10分の1が砂漠化され得る土地だとして、陸地の100分の1まで砂漠化されると回復不能」なら約850年後に終了です。悲しいかな、あまり差し迫っている気がしません。「何十年後」程度ならよかったのに。

ということで仮定の上に仮定を重ねた結論は、「ちょっと頑張ればなんとかなるかもしれないかも」といったところ。というか「約3000年後に終了」の「終了」ってどういう意味に考えれば良いのかな?

砂漠を有効利用する手段、例えば太陽(光|熱)発電とかが発達すると話が変わってくるかもしれませんね。もちろん全面砂漠化してはどうしようもないですが、割と緑の残った状態でバランスが取れるようになるかもしれません。

人間はバカじゃないと思いますので。


2008年10月某日、恥ずかしい計算間違いをしていたので修正しました。恥ずかしいので修正箇所は書きません。結論が違ってくるほど大きな間違いでした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/337-1e3d25c1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。