スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]断絶への航海  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]断絶への航海

ジェイムズ・P・ホーガンの長編SF。

人間の遺伝子情報だけを持つむ人宇宙船。理想の殖民惑星を見つけて人間を作り出し、理想郷を作ろうとする計画です。第二の地球を求めて旅立ったその宇宙船から、開発に着手したという通信が届きます。それを受けて、主人公たちの乗る有人宇宙船が出発します。その第二の宇宙船の出発直前から物語は始まります。物語は大きく二つに分かれており、殖民惑星に到達するまでの宇宙船内の物語と、殖民惑星に到達してからの物語で構成されています。

一見するとファーストコンタクトのような話ですが、相手は人間です。同じ人間であるにもかかわらず、社会的にはまったく異なる体制を持つ。この設定が物語を非常に面白くしています。毎度のことながら、ホーガンの小説は設定だけで読みたくなります。

ホーガンの他の作品に比べると登場人物の性格描写がやや不明瞭で、名前を見ても「誰だっけ?」「どっち側の人だっけ?」ということが結構ありました。その辺を意識すると読みやすくなると思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/352-dddfd59a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。