スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]秘密  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]秘密

東野圭吾の長編。同著者の小説は何冊か読んでいましたが、評判の良いこの本を読んでいませんでした。映画化された方は見ていません。これが面白かったらレンタルしてみようと思って読んでみました。

良くある精神入れ替わりのSFチックな設定です。この種の話によく見られるように、その他は至って普通で、全体としてはまったくSFではありません。この種の話にありがちなコミカルな内容は薄く、人間臭い描写もあり伏線もよく効いており、人間関係を描いた本格的な内容です。

この小説、「泣けた」という感想が非常に多いのですが、個人的にはそうでもなかったです。序盤でしょうか。ラストはむしろ憤りを感じました。Amazonのカスタマレビューを読むと、未婚者と既婚者でかなり受け取り方が違うようです。

ということで、映画の方は是非見たいとまでは思えませんでしたので保留していますが、小説としては読みやすいし面白いし、買って損のない本だと思います。よく売れたので古本でも簡単に見つかると思います。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/355-4608117e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。