スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]脳はなにかと言い訳する - 人は幸せになるようにできていた?  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]脳はなにかと言い訳する - 人は幸せになるようにできていた?

著者は薬学博士・池谷裕二。大脳生理学の研究者です。つい最近の論文も引用しながら、最先端の脳科学を一般向けに平易に説明しています。

もともと雑誌に連載された26のエッセイに加筆・まとめた内容になっています。エッセイのタイトルはすべて「脳はなにかと」から始まり、「記憶する」「思い込む」「ボケていく」「占いが好き」、そして本書のタイトルでもある「言い訳する」などと続きます。

「脳はなにかとド忘れする」。歳をとるとド忘れが多くなるような気がします。しかし実際には大人と同様、子供も日常的にド忘れをしています。ではなぜ大人になるとド忘れが多くなったように感じるかというと、子供はいちいち物忘れを気にしないから。笑ってしまうような理由ですが、これが真実だそうです。実際の記憶能力は大人も子供もかわりません。ド忘れしたことを思い出すきっかけのことを専門的には「プライミング」と呼ぶそうです。どのようなプライミングが最適かといえば「ド忘れする前と似た状況を作る」で、ネズミによる実験でも証明されています。

「脳はなにかとウソをつく」には、直感的には納得できない面白い実験の話が書かれています。その実験というのは、日常的的な単語を次々に見せていき、しばらく後に別の単語を見せ、その単語が前の単語リストに含まれていたかどうかを当てるというものです。その結果は、単語を提示する瞬間、またはその1秒ほど前の脳波を見れば、その人が正解するかどうかが分かるというものです。問題を出す前に答えられるかどうかが分かる。なんとも不思議ですぐには信じられないような話です。

特殊な環境に置かれた子供たちは自分たちだけの独自の言語を作り上げる。アイデアが煮詰まったときに一晩おくと次の日にふとひらめくことがあるのは、「レミニセンス効果」というちゃんと証明された脳の働き。他人の苦痛を感知する神経「同情ニューロン」は、見知らぬ他人の場合には働かない。したがって脳をしらべれば相手が自分をどれだけ愛しているか分かる。初めて知る脳の不思議な話が盛りだくさんです。

この本を読むこと自体、脳を活性してくれるでしょう。巻末に索引が付けられているのもうれしいです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/378-e7f266ff

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。