スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国サッカー  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 中国サッカー

北京オリンピックの男子サッカーでベルギーの選手がえらいことになったらしく、中国選手の暴れっぷりが一部で話題になっているようです。実際のところ、他国に比べて中国チームのイエローカード・レッドカードは多かったのでしょうか。試合数と警告数、退場数、また(警告数+退場数×2)を「反則P」として算出してみました。

国               試合数  警告数  退場数  反則P
オーストラリア      3       5       0      5
セルビア            3       7       2     11
日本                3       5       0      5
アメリカ            3       8       1     10
ブラジル            6      18       2     22
ベルギー            6      14       3     20
ホンジュラス        3       7       0      7
イタリア            4       7       1      9
コートジボワール    4       5       0      5
アルゼンチン        6      13       0     13
オランダ            4       7       1      9
ナイジェリア        6      14       0     14
中国                3       7       2     11
ニュージーランド    3       8       2     12
韓国                3       6       0      6
カメルーン          4      12       3     18

チームによってかなりのバラツキがありますね。反則Pの最高値はブラジルの22、最低はオーストラリアと日本の5です。これだけ見ると、もっとも暴れん坊(反則Pが多い)なのはブラジル、次がベルギー、三番目がカメルーンとなります。中国の反則Pは11で、順位で見るとちょうど真ん中です。

しかし各チームの試合数は最低で3試合、最大が6試合と、かなりのばらつきがあります。そのため多くの試合をこなしたチームが反則Pランクの上位に来やすくなります。では、1試合あたりの警告数・退場数・反則Pを求めて、反則P率の降順で順位をつけてみるとどうなるか。

順位  国                警告数/試合  退場数/試合  反則P/試合
  1   カメルーン           3.00         0.75        4.50
  2   ニュージーランド     2.67         0.67        4.00
  3   中国                 2.33         0.67        3.67
  3   セルビア             2.33         0.67        3.67
  3   ブラジル             3.00         0.33        3.67
  6   ベルギー             2.33         0.50        3.33
  6   アメリカ             2.67         0.33        3.33
  8   ホンジュラス         2.33         0.00        2.33
  8   ナイジェリア         2.33         0.00        2.33
 10   オランダ             1.75         0.25        2.25
 10   イタリア             1.75         0.25        2.25
 12   アルゼンチン         2.17         0.00        2.17
 13   韓国                 2.00         0.00        2.00
 14   日本                 1.67         0.00        1.67
 14   オーストラリア       1.67         0.00        1.67
 16   コートジボワール     1.25         0.00        1.25

最強の暴れん坊はカメルーンでした。中国もまずまずの第三位。優勝したアルゼンチンは12位。クリーンプレイでなおかつ強いのでした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/394-75636a74

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。