スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]黒い家  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]黒い家

貴志祐介の長編ホラー。第4回日本ホラー小説大賞の大賞受賞作。

amazonのカスタマーレビューには大量にコメントが寄せられており、しかも高評価。これを書いている時点で星4.5個(満点は5個)です。

生命保険会社で働く主人公が顧客の家に呼ばれ、その家の子供の首吊り死体の第一発見者になる。偶然なのか故意なのか。顧客の態度に疑問を持った主人公は自ら調査に乗り出し、徐々に狂気の世界に引き込まれていきます。霊魂的な不条理の怖さではなく、スプラッター的な要素を含む人間の怖さが全編に出ています。薄暗い穴に入っていくような背筋の寒くなる展開、人間はここまで非情になれるのか。

結構適当に選んで買ったのですが、映画化もされていました。森田芳光監督の日本版の評価はかなり低いようですが、最近作られた韓国版は評価が高いようです。小説でも十分に映像として記憶に残る内容です。どう映像化されているのか興味がわきます。今度借りてみよう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/397-d5501919

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。