スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]アンドロイドは電気羊の夢を見るか?  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]アンドロイドは電気羊の夢を見るか?

フィリップ・K・ディックの長編SF。映画「ブレードランナー」の原作でもあります。妙なタイトルはずいぶん昔から知っていましたが、たまたま見かけたので購入。

舞台は第三次世界大戦後。ほとんどの人類は核に汚染された地球を捨てて火星に逃亡したが、一部は地球に残り細々と行き続ける。生きた動物はほとんどおらず、電気仕掛けの動物を買うのが普通で、本物の動物を持つことはステータスとされる。電気羊しか持たない主人公のリックは本物の羊を手に入れるため、火星から地球に逃亡してきたアンドロイドの首にかけられた懸賞金を狙う。アンドロイドかどうかを確かめるには特殊な検査を行うしかない状況で、いま目の前にいる相手は本当に人間なのか、アンドロイドの罠なのか。人間であるとういことはいったいどういうことなのか。

話の持って行きかたが上手いです。何が本当で何がウソなのか、読んでいて分からなくなりそうでそうでもない。読み手が気持ちよくなる部分を突いてきます。

ダイナミックな仕上がり、確かに映画向けです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/409-8c7c93a1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。