スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]日の名残り  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]日の名残り

カズオ・イシグロによるノスタルジック長編。イギリスのブッカー賞を受賞した小説です。著者はその名前から分かるように、日本生まれです。しかし著者紹介を読むと5歳で家族とともにイギリスに渡ったらしく、文化的にはイギリスの影響を強く受けていると思われます。

主人公が執事というのはいかにもイギリスらしい……んですかね。「優秀な執事」というのは日本の文化からはイメージしにくいです。しかしそれを疑問に思わせない筆力というか構成力というか、大きなメリハリがあるわけでもないのに、不思議とのめり込める小説です。

初老の執事が休みをもらい、思い出を振り返りながら旅をする。なんとなく時代に着いていけていないような、それでいて威厳と品格を持った味のある主人公です。思い出には辛いものもありますが、あくまでも自分の立場をわきまえて過ごした人生。もし違った道をたどっていたら今の自分はどうなっていたのか。やわらかい心理描写を通して人生を振り返る、「日の名残り(The Remains of the Day)」というタイトルにぴったりです。

個人的にの手の文学的話は苦手な類いに入りますが、これは新しい気分にさせてくれる小説でした。一人称で語られる物語はノスタルジックで、なぜか切ない、大人向けの小説でしょう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/413-50b54d5c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。