スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

署名の威力  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 署名の威力

宅配の受領印程度なら気軽に押せますが、一般に「押印」「捺印」という行為にはそれなりの抵抗があると思います。それに対して「署名」という行為は一般に非常に簡単です。名前を書くだけで住所や電話番号が不要ならなおさらです。

かつてプロ野球の「近鉄バファローズ」がオリックスと合併するという話が出たとき、チームの存続を求める署名が行われました。最終的に40万を超える署名が集まり、それが合併先のオリックス球団に提出されました。正確な数字は今でもこの辺りで見ることが出来ます。

で、結局どうだったかと言うとご存知の通り。近鉄は予定通りオリックスと合併し、新チームとして楽天が参加して今に至っています。署名数はたくさん集まったものの、観客動員数はほとんど変化がなかったということでした。

具体的な数字を知りたいと思い検索してみると、あるものです。2004年大阪近鉄球団観客動員数。ここから署名の行われた2004年の月別観客動員数の推移を見てみます。ただし開幕試合のある3月、上記サイトの記録が途中で切れている9月は除きましょう。

                   観客動員数
月   試合数     合計   1試合平均
4月     9     137,000    15,220
5月     9     176,000    19,560
6月    14     270,000    19,290  6月15日 署名開始
7月    12     229,000    19,080
8月    10     194,000    19,400

署名活動の盛り上がった7月以降は多少なりとも上昇しているかと思いましたが、まったく変化していませんね。元々近鉄グループの経営難から出た合併話だったわけですから、観客数が増えないことにはどうしようもありません。

プロ野球の球団ファンというのは宗教的性質を持つものです。このとき行われた署名の中には、熱狂的なファンから頼まれてとか、周りが署名するからなんとなくとか、野球は知らないけど地元だからとか、そういった軽い動機の署名が相当数あったものと想像できます。経緯はどうあれ、結果的に署名の威力のなさを示す結果となってしまいました。

このとき使われたと思われる署名テンプレートが残っています。名前と住所を記入するタイプの署名だったようです。署名用紙としてはごく一般的なもと思います。しかしこのタイプの署名には威力がないようです。

今後署名活動の結果を評価するときには、署名用紙がこのタイプかどうかを見てから判断しましょう。また自分で署名活動を呼びかけるなら、名前や住所以外の追加情報も記入してもらったほうが、署名パワーが上がるということを覚えておきましょう。電話番号なんかが有効でしょうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/418-8e853816

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。