スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]第三の時効  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]第三の時効

横山秀夫のミステリ小説。短編6話収録。各話とも「F県警 捜査第一課 強行一係」を舞台にしており、主人公は各話ごとですが、登場人物は基本的に共通です。

強行一係の三つの班の班長は互いに覇権を争う曲者たちで、やり方や性格はまったく異なるもののそれぞれが第一級の腕前を持つ。ほとんどの登場人物が互いに協力しないという設定に最初はとまどいますが、それがこの本の独特さを生み出しています。こういう設定だと展開が限られてしまいそうなのに、そうなっていないところは著者の筆力ということでしょうか。

各話とも優劣つけ難く、「特にこの話が良かった」と言えません。各話とも芯になるネタがあり、それぞれ独特で誰かの小説に似ているという印象もありません。警察ミステリ物はあまり読んだことが無かったのですが、はまるきっかけになったかもしれません。

非常に読みやすいのも特徴でしょうか。休日半日で読めました。舞台が同じなので連続した長編のような読後感もあります。同著者は初めて読みましたが非常に面白かった。映画化もされた「半落ち」が有名らしいので、近いうちに読むつもりです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/453-8d82c26d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。