スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]図解雑学 ゲーム理論  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]図解雑学 ゲーム理論

ゲーム理論という言葉を知らなくとも「囚人のジレンマ」なら聞いたことのある人も多いはず。かく言う私も学生時代、ゲーム理論という言葉の前に囚人のジレンマを知りました。いろんな戦略による稚拙なシミュレーションを作ったことを思い出します。

さて本書ですが、非常によく書かれています。「図解」と銘打ってある通り、見開き2ページの内の右半分は図による解説で、これが非常に分かりやすい。順序よく書かれているので、頭からじっくり読んでいくと自然に理解できます。

この本にも後半に「囚人のジレンマ」が登場します。「囚人のジレンマ」の答えと言えば「しっぺ返し戦略」(この本では「オウム返し戦略」と読んでいます)だと思っていました。ところがゲームそのものを変えてそれに答えを与えるという方法があったとは。パラダイムシフトです。

本の前半はだいたい常識で分かる範囲の話ですが、この本の真価は後半にあると思います。「ナッシュ均衡」「コミットメント」「シグナリングゲーム」「プリンシパルとエージェントの理論」……、この本で知った言葉も多数あります。雑学としては十分で、さらに一歩先を見させてくれます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/455-03c61559

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。