スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「電源を切る」ために「スタート」する?  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 「電源を切る」ために「スタート」する?

巷でよく言われるWindowsのUIの問題です。シャットダウンするために「スタート」するのはいかがなものか。最近はあまり聞きませんかね。Windows95が出た頃はよく言われていました。

スラッシュドットジャパンで知ったのですが、ちゃんといきさつがありました。Why do you have to click the Start button to shut down?

(拙訳)

なぜシャットダウンするためにスタートボタンをクリックしなければならないのか?

短い答え:車を止めるためにイグニッションキーを回さなければならないのと同じ理由です。

長い答え:初期の頃、タスクバーにスタートボタンはありませんでした。(未来の歴史コラムでは、あなたは初期の頃にタスクバーがタスクバーと呼ばれていなかったことを学ぶでしょう。)

スタートボタンの代わりに、左下のコーナーに三つのボタンがありました。ひとつは "システム(System)" ボタン(アイコンはWindowsの旗)、ひとつは "検索(Find)" ボタン(アイコンは目玉)、三つ目は "ヘルプ(Help)" ボタン(アイコンは?マーク)でした。"検索" と "ヘルプ" とは説明不要でしょう。"システム" ボタンは以下のメニューを表示していました:

 実行...
 タスクリスト...
 --------------------------
 デスクトップアイコンの整列
 ウィンドウの整列          4
 --------------------------
 シャットダウン

("ウインドウの整列" には、"重ねて表示(Cascade)"や"水平に並べて表示(Tile Horizontally)" などのオプションがありました。)

当然ながら、時間とともに "検索" と "ヘルプ" が徐々に "システム" ボタンメニューに加わり、システムボタンメニュー自体が徐々に Windows 95 のスタートメニューに変化していきました。

しかしある問題がユーザビリティテストで挙がり続けていました。人々はコンピュータを起動してただそこに座り、次に何をするべきか迷うのです。

私たちがシステムボタンに "スタート" とラベル付けすることを決めたのはこのときです。

それは "お馬鹿さん、ここをクリックしなさい" と言っているのです。そしてそれは、私たちのユーザビリティの順位を急激に上昇させました。なぜなら人々は突如として、何かをしたいときにどこをクリックするべきかを知ったからです。

では、なぜ "シャットダウン" がスタートメニューにあるのか?

私たちが人々にコンピュータをシャットダウンするように言ったとき、彼らはスタートボタンをクリックしたのです。

なぜなら、どのみちあなたがシャットダウンしたいときには、どこかから始めなければならないのですから。

(さらに、もし私たちがスタートボタンの隣に "シャットダウン" ボタンを置いたとしたら、貴重な画面の領域を確保するために、誰もが私たちにそれを取り除くよう求めたことでしょう。)

つまり、ユーザビリティテストの結果として、そのインターフェイスが優れていたからなんですね。まったく理にかなっています。理論的に整合の取れたものが必ずしも使いやすいわけじゃない。

で、かく言う私はといえば、スタートメニューからシャットダウンすることに最初から特に違和感ありませんでした。言われてみて初めて、ああなるほどという程度です。「シャットダウン作業をスタートする」で良いですよね。

なんにせよ、すっきりしました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/464-6a9a8d0b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。