スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Wikipediaと西和彦  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Wikipediaと西和彦

やじうまWatchで知った西和彦のコラム「Wikipediaはネットの肥溜 - 西和彦」。

Wikipedia の彼の項目をめぐる過去のやり取りは知っていましたが、どうやらまだご立腹の様子です。

それにしてもこのコラム、本当に本人が書いたんでしょうか。

何年か前にWikiとネットで喧嘩した。売り言葉に買い言葉で、どんどんエスカレートした。今でも僕の項目は編集にロックされている。知り合いの人は、自分でWIKIを書くのが良くないということで、友達に頼んで自分のWIKIを書いてもらっている。ほとんど自作自演の茶番劇みたいなものである。僕は、それは偽善であると思った。書くなら自分で書こうと思った。

どうしてここで「偽善」という単語が出てくるの?

「Wikipedia」を「Wiki」と略しているのは最後の段落に繋がるのでまだ理解できるとしても、その表記が「Wiki」と「WIKI」で揺れています。他にも「グーグル」だったり「GOOGLE」だったり。「いいWEBもあれば、悪いWEBもある。」なんていう文章はなんか笑ってしまいそうになります。

なんなんだろうこのコラム。著書を読んだこともあるんですけど、こんな感じの人でしたっけ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/496-563c8099

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。