スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Google Chrome の再描画が遅い  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Google Chrome の再描画が遅い

エントリが長いので結論だけ先に追記:chrome の起動オプションに --memory-model=high を指定すると、ゼロにはなりませんが発生頻度は下がります。ただしメモリを多く使うようになるのでご注意を。

なお、これは chrome3 の話で、chrome4 では必要なくなるはずです(デフォルトでこのオプションが指定された状態になるため)。


たて続けにGoogleの話題ですが、前にも書いたGoogle Chrome。今でも基本はOperaを使っていますが、YoutubeやGoogle MapはChromeのほうが閲覧がスムーズなので使い分けています。使い始めて数ヶ月、具合の悪い部分も見えてきました。

多くのタブを開いている状態で使用していると、タブを切り替えたタイミングで画面の描画が異常に遅いことがあります。遅いときで10秒くらい。再描画の間は完全にCPUを持っていかれている感じで、マウスポインタも動きませんし、Alt+Tabも効きません。

よくよく観察してみると、再描画中にハードディスクに激しくアクセスしています。Alt+Tabが効かない状況も合わせて考えると、問題はOSレベル、おそらくメモリのスワップですね。

調べてみると本家フォーラムのChromium-discussでも話題になっていました。複数報告されている中でおそらく完結していると思われるのが「Issue 2105: really, really slow screen redraws」

で、上記の報告のコメント 33。「this is usually related to high virtual memory swapping stress.」(通常これは高負荷の仮想メモリスワップが原因です)。やはりそうか。「Memory upgrade solves all known problems. :)」(メモリを増やせば問題は全部解決するよ(笑))。そうかそうか。

上のコメントにはさらに「Note that the memory model changed in Chrome 4 」(Chrom 4 でメモリモデルが変更されていることに注目)とあります。そのリンク先を見ると

Change default memory model from MEDIUM to HIGH. This will eliminate the workingsetsize reductions that we currently do in the browser.

Memory usage will increase by about 25%. But it should alleviate swapping issues that some users are seeing.
--
(拙訳)
デフォルトのメモリモデルを MEDIUM から HIGH に変更した。 これにより現在ブラウザ内で行っているワーキングセットサイズの減少を削減できるだろう。

メモリ使用量は約 25% 増えるが、一部のユーザーが遭遇しているスワッピング問題を多少とも解決するだろう。

ということらしいので、Chrome 4 の開発版を使ってみるか、正式版が出るのを待つと良さそうです。個人的には正式版を待つことにしますかね。

と思ったら、--memory-model なんていうコマンドラインオプションがありました。--memory-model=high でメモリモデルがHIGHになるのかな? 試してみると確かにメモリ使用量が増えていますのでオプション自体は効いているようです。まだ数時間しか使っていませんが、再描画の問題も改善されているように感じます。とりあえずこれでいいや。

ちなみChrome 3のコマンドラインオプションはここ

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/511-57f5d8a6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。