スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Chrome3のコマンドラインオプション  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - Chrome3のコマンドラインオプション

Chrome3 (3.0.195.38) の全コマンドラインオプションです。

開発者向けのオプションが多く、正直よく分かりません。意味が分からないのでカタカナのまま濁している所だらけ、見直しもしていないので日本語として変な部分だらけです。

自分でオプションの動作を確認したわけでもありません。実際には効かないものがあるかもしれませんし、悪影響のあるものさえあるかもしれません。これをまっ正直に参考にすると怪我をする可能性があります。取り扱い注意です。

その辺りを考慮した上で、ではどうぞ。

以下は src/chrome/common/chrome_switches.cc で定義されているオプションです。


disable-hang-monitor
Suppresses hang monitor dialogs in renderer processes.
レンダラプロセス内のハングモニターダイアログを抑制する。
disable-metrics
Completely disables UMA metrics system.
UMA メトリックシステムを完全に無効化する。
metrics-recording-only
Enables the recording of metrics reports but disables reporting. In contrast to kDisableMetrics, this executes all the code that a normal client would use for reporting, except the report is dropped rather than sent to the server. This is useful for finding issues in the metrics code during UI and performance tests.
メトリクスレポートの記録を有効化するが、レポートは無効化する。 kDisableMetrics(disable-metrics) とは対照的に、これは通常のクライアントがレポートのために使用するすべてのコードを実行するが、そのレポートをサーバーに送信するのではなく、破棄する。これは UI とパフォーマンスのテスト中にメトリクスコードの問題を見つけるのに役立つ。
assert-test
Causes the browser process to throw an assertion on startup.
スタートアップ時にブラウザプロセスにアサーションをスローさせる。
renderer-assert-test
Causes the renderer process to throw an assertion on launch.
起動時にレンダラプロセスにアサーションをスローさせる。
crash-test
Causes the browser process to crash on startup.
起動時にブラウザプロセスをクラッシュさせる。
renderer-crash-test
Causes the renderer process to crash on launch.
起動時にレンダラプロセスをクラッシュさせる。
renderer-startup-dialog
Causes the renderer process to display a dialog on launch.
起動時にレンダラプロセスにダイアログを表示させる。
plugin-startup-dialog
Causes the plugin process to display a dialog on launch.
起動時にプラグインプロセスにダイアログを表示させる。
plugin-launcher
Specifies a command that should be used to launch the plugin process. Useful for running the plugin process through purify or quantify. Ex: --plugin-launcher="path\to\purify /Run=yes" プラグインプロセスを起動するために使用されるコマンドを指定する。purify や quantify を通してプラグインプロセスを実行するのに役立つ。例:--plugin-launcher="path\to\purify /Run=yes"
testing-channel
The value of this switch tells the app to listen for and broadcast testing-related messages on IPC channel with the given ID.
このスイッチの値は app に、指定された ID の IPC チャネル上でテスト関連のメッセージをリッスンおよびブロードキャストするように伝える。
homepage
The value of this switch specifies which page will be displayed in newly-opened tabs. We need this for testing purposes so that the UI tests don't depend on what comes up for http://google.com.
このスイッチの値は、新たに開かれたタブに表示されるページを表す。私たちは、http://google.com に依存しない UI テストのためにこれを必要とする。
renderer
Causes the process to run as renderer instead of as browser.
プロセスをブラウザとしてではなくレンダラとして実行させる。
zygote
Causes the process to run as a renderer zygote.
プロセスをレンダラ接合子(renderer zygote)として実行させる。
browser-subprocess-path
Path to the exe to run for the renderer and plugin subprocesses.
レンダラおよびプラグインのサブプロセスを実行するための exe のパス。
plugin
Causes the process to run as a plugin subprocess.
プロセスをプラグインサブプロセスとして実行させる。
worker
Causes the process to run as a worker subprocess.
プロセスをワーカーサブプロセスとして実行させる。
utility
Causes the process to run as a utility subprocess.
プロセスをユーティリティサブプロセスとして実行させる。
single-process
Runs the renderer and plugins in the same process as the browser
ブラウザと同じプロセス内でレンダラとプラグインを実行する。
process-per-tab
Runs each set of script-connected tabs (i.e., a BrowsingInstance) in its own renderer process. We default to using a renderer process for each site instance (i.e., group of pages from the same registered domain with script connections to each other).
スクリプトが関連するタブの集合をそれ自身のレンダラプロセス内で実行する。私たちは各サイトのインスタンス(つまり、互いに関連するスクリプトを持つ同じ登録済みドメインに由来するページのグループ)ごとにひとつのレンダラプロセスを使用するのをデフォルトにしている。
process-per-site
Runs a single process for each site (i.e., group of pages from the same registered domain) the user visits. We default to using a renderer process for each site instance (i.e., group of pages from the same registered domain with script connections to each other).
ユーザーが訪問する各サイト(つまり、同じ登録済みドメインに由来するページのグループ)ごとにひとつのプロセスを実行する。私たちは各サイトのインスタンス(つまり、互いに関連するスクリプトを持つ同じ登録済みドメインに由来するページのグループ)ごとにひとつのレンダラプロセスを使用するのをデフォルトにしている。
in-process-plugins
Runs plugins inside the renderer process
プラグインをレンダラプロセス内で実行する。
no-sandbox
Runs the renderer outside the sandbox.
レンダラをサンドボックス外で実行する。
disable-winsta
Disables the alternate window station for the renderer.
レンダラのための代替ウィンドウステーションを無効化する。
safe-plugins
Runs the plugin processes inside the sandbox.
プラグインプロセスをサンドボックス内で実行する。
trusted-plugins
Excludes these plugins from the plugin sandbox. This is a comma-separated list of plugin library names and activex clsid.
これらのプラグインをプラグインサンドボックスから除く。 これはプラグインライブラリ名と activex clsid とのカンマ区切りのリストである。
test-sandbox
Runs the security test for the sandbox.
サンドボックスのためのセキュリティテストを実行する。
user-data-dir
Specifies the user data directory, which is where the browser will look for all of its state.
ブラウザがそのすべての状態を探す場所であるユーザーデータディレクトリを指定する。
plugin-data-dir
Specifies the plugin data directory, which is where plugins (Gears specifically) will store its state.
プラグイン(具体的にいうと Gears)がその状態を保存するプラグインデータディレクトリを指定する。
disk-cache-dir
Use a specific disk cache location, rather than one derived from the UserDatadir.
ユーザーデータディレクトリから導かれる場所以外のディスクキャッシュの場所を指定する。
disk-cache-size
Forces the maximum disk space to be used by the disk cache, in bytes.
ディスクキャッシュが使用する最大ディスク容量をバイト単位で指定する。
media-cache-size
Forces the maximum disk space to be used by the media cache, in bytes.
メディアキャッシュが使用する最大ディスク容量をバイト単位で指定する。
enable-udd-profiles
Whether the multiple profiles feature based on the user-data-dir flag is enabled or not.
user-data-dir フラグに基づく複数プロファイル機能を有効化するかどうか。
parent-profile
Specifies the path to the user data folder for the parent profile.
親プロファイルのためのユーザーデータフォルダのパスを指定する。
app
Specifies that the associated value should be launched in "application" mode.
アプリケーションモードで起動されるべき関連する値を指定する。
dom-automation
Specifies if the dom_automation_controller_ needs to be bound in the renderer. This binding happens on per-frame basis and hence can potentially be a performance bottleneck. One should only enable it when automating dom based tests.
レンダラにおいて dom_automation_controller_ がひも付けられる必要があるかどうかを指定する。このひも付けはフレームごとに発生し、したがって潜在的にパフォーマンスボトルネックになる可能性がある。自動 dom に基づくテストを行う際にのみ有効化するべきである。
plugin-path
Tells the plugin process the path of the plugin to load
ロードするプラグインのパスをプラグインプロセスに伝える。
user-agent
A string used to override the default user agent with a custom one.
ユーザーエージェントに使用する文字列。
js-flags
Specifies the flags passed to JS engine
JS エンジンに渡されるフラグを指定する。
country
The Country we should use. This is normally obtained from the operating system during first run and cached in the preferences afterwards. This is a string value, the 2 letter code from ISO 3166-1.
私たちが使用するべき国。通常これは初回実行時にオペレーティングシステムから取得され、それ以降は設定にキャッシュされる。この値は ISO 3166-1 が提供する 2 文字の文字列である。
wait-for-debugger-children
Will add kWaitForDebugger to every child processes. If a value is passed, it will be used as a filter to determine if the child process should have the kWaitForDebugger flag passed on or not.
すべての子プロセスに kWaitForDebugger を付加する。値が渡されれた場合、それは子プロセスが kWaitForDebugger フラグを渡されるべきかどうかを決定するフィルタとして使用される。
log-filter-prefix
Will filter log messages to show only the messages that are prefixed with the specified value
ログメッセージを、指定された値で始まるメッセージだけにフィルタする。
enable-logging
Force logging to be enabled. Logging is disabled by default in release builds.
ロギングを強制的に有効化する。リリースビルドではデフォルトでロギングが無効化されている。
disable-logging
Force logging to be disabled. Logging is enabled by default in debug builds.
ロギングを強制的に無効化する。デバッグビルドではデフォルトでロギングが有効化されている。
log-level
Sets the minimum log level. Valid values are from 0 to 3: INFO = 0, WARNING = 1, LOG_ERROR = 2, LOG_FATAL = 3.
最低ログレベルをセットする。有効な値は 0 ~ 3:INFO = 0, WARNING = 1, LOG_ERROR = 2, LOG_FATAL = 3。
log-plugin-messages
Make plugin processes log their sent and received messages to LOG(INFO).
プラグインプロセスが送受信するメッセージを LOG(INFO) にログ出力する。
dump-histograms-on-exit
Dump any accumualted histograms to the log when browser terminates (requires logging to be enabled to really do anything). Used by developers and test scripts.
ブラウザ終了時に、任意の積み上げ棒グラフをログにダンプする(本当に何でもするためにはロギングを有効化する必要がある)。開発者とテストスクリプトが使用する。
remote-shell-port
enable remote debug / automation shell on the specified port
指定ポート上でリモートデバッグ/自動シェルを有効化する。
uninstall
Runs un-installation steps that were done by chrome first-run.
chrome の初回実行時に行われるアンインストールのステップを実行する。
omnibox-popup-count
Number of entries to show in the omnibox popup.
オムニボックスポップアップ内に表示されるエントリ数
automation-channel
The value of this switch tells the app to listen for and broadcast automation-related messages on IPC channel with the given ID.
このスイッチの値は app に、指定された ID の IPC チャネル上で自動関連のメッセージをリッスンおよびブロードキャストするように伝える。
restore-last-session
Indicates the last session should be restored on startup. This overrides the preferences value and is primarily intended for testing. The value of this switch is the number of tabs to wait until loaded before 'load completed' is sent to the ui_test.
スタートアップ時に最終セッションをリストアするかどうかを指定する。これは設定値を上書きし、主にテストを目的としたものである。このスイッチの値は、ui_test に'load completed'が送られる前にロードされるのを待つタブ数である。
record-mode
playback-mode
Chrome supports a playback and record mode. Record mode saves *everything* to the cache. Playback mode reads data exclusively from the cache. This allows us to record a session into the cache and then replay it at will.
chrome はプレイバックモードとレコードモードとをサポートする。レコードモードはすべてをキャッシュに保存する。プレイバックモードはキャッシュからのみデータを読み込む。これによってセッションをキャッシュに記録し、それを自由に再生することができる。
no-events
Don't record/playback events when using record & playback.
レコードとプレイバックとを使用するときにイベントをレコード/プレイバックしない。
no-js-randomness
Support a separate switch that enables the v8 playback extension. The extension causes javascript calls to Date.now() and Math.random() to return consistent values, such that subsequent loads of the same page will result in consistent js-generated data and XHR requests. Pages may still be able to generate inconsistent data from plugins.
v8 プレイバック拡張を有効化する個別のスイッチをサポートする。この拡張は、同じページをロードしたときに js で生成されるデータと XHR リクエストとが同じになるように、javascript の Date.noww() と Math.random() の呼び出しが一定の値を返すようにする。それでもページはプラグインからの不定なデータを生成することができる。
hide-icons
Make Windows happy by allowing it to show "Enable access to this program" checkbox in Add/Remove Programs->Set Program Access and Defaults. This only shows an error box because the only way to hide Chrome is by uninstalling it.
「プログラムの追加と削除」->「プログラムのアクセスと既定の設定」の中の "このプログラムへのアクセスを有効にする" チェックボックスを表示することを許可することで、Windows を満足させる。Chrome を隠す唯一の方法はアンインストールであるため、これはエラーを表示するだけである。
show-icons
(※訳注:説明なし)
make-default-browser
Make Chrome default browser
Chrome をデフォルトブラウザにする。
proxy-server
Use a specified proxy server, overrides system settings. This switch only affects HTTP and HTTPS requests.
システムの設定に優先させて指定のプロキシサーバーを使用する。このスイッチは HTTP と HTTPS のリクエストにのみ影響する。
no-proxy-server
Don't use a proxy server, always make direct connections. Overrides any other proxy server flags that are passed.
プロキシサーバーを使用せず、常に直接接続する。他のすべてのプロキシサーバーフラグに優先する。
proxy-bypass-list
Specify a list of hosts for whom we bypass proxy settings and use direct connections. Ignored if --proxy-auto-detect or --no-proxy-server are also specified.
プロキシ設定を無視して直接接続するホストのリストを指定する。--proxy-auto-detect または --no-proxy-server が指定されていると無視される。
proxy-auto-detect
Force proxy auto-detection.
プロキシの自動検出を強制する。
proxy-pac-url
Use the pac script at the given URL
指定された URL の pac スクリプトを使用する。
winhttp-proxy-resolver
Use WinHTTP to fetch and evaluate PAC scripts. Otherwise the default is to use Chromium's network stack to fetch, and V8 to evaluate.
PAC スクリプトの取得と評価に WinHTTP を使用する。さもなければ、デフォルトでは取得するのに Chromium のネットワークスタックを使用し、評価に V8 を使用する。
dns-log-details
dns-prefetch-disable
Chrome will support prefetching of DNS information. Until this becomes the default, we'll provide a command line switch.
Chrome は DNS 情報のプリフェッチをサポートする。それがデフォルトになるまで、コマンドラインスイッチを提供する。
debug-print
Enables support to debug printing subsystem.
印刷サブシステムのデバッグサポートを有効化する。
print
Prints the pages on the screen.
画面上のページを印刷する。
allow-all-activex
Allow initialization of all activex controls. This is only to help website developers test their controls to see if they are compatible in Chrome. Note there's a duplicate value in activex_shared.cc (to avoid dependency on chrome module). Please change both locations at the same time.
すべての activex コントロールの初期化を許可する。これはウェブサイトの開発者が自身のコントロールが Chrome と互換性があるかどうかをテストする手助けになる。activex_shared.cc に同じ値が存在することに注意(chrome モジュールへの依存を避けるため)。両方の場所を同時に変更してほしい。
disable-dev-tools
Browser flag to disable the web inspector for all renderers.
すべてのレンダラのためのウェブインスペクタを無効化するためのブラウザフラグ。
always-enable-dev-tools
Enable web inspector for all windows, even if they're part of the browser. Allows us to use our dev tools to debug browser windows itself.
すべてのウィンドウに(それらがブラウザの一部であっても)ウェブインスペクタを有効化する。ブラウザウィンドウ自体をデバッグするために開発ツールを使用することを可能にする。
tab-count-to-load-on-session-restore
Used to set the value of SessionRestore::num_tabs_to_load_. See session_restore.h for details.
SessionRestore::num_tabs_to_load_ の値をセットする。詳細は session_restore.h を参照。
memory-profile
Enable dynamic loading of the Memory Profiler DLL, which will trace all memory allocations during the run.
実行中のすべてのメモリ割り当てをトレースするメモリプロファイラ DLL の動的ロードを有効化する。
memory-model
Configure Chrome's memory model. Does chrome really need multiple memory models? No. But we get a lot of concerns from individuals about how the changes work on *their* system, and we need to be able to experiment with a few choices. Chrome のメモリモデルを設定する。
Chrome は本当に複数のメモリモデルを必要とするのか? 不要である。しかし私たちは個人から、彼らのシステム上で変更がどのように動作するかに付いて多くの懸念を受けているため、私たちはいくつかの選択肢で実験できる必要がある。
enable-file-cookies
By default, cookies are not allowed on file://. They are needed in for testing, for example page cycler and layout tests. See bug 1157243.
デフォルトでは file:// 上でクッキーは許可されない。これは例えばページ巡回やレイアウトのテストなどのテストに必要である。バグ 1157243 参照。
start-maximized
Start the browser maximized, regardless of any previous settings.
設定に関係なく、ブラウザを最大化して開始する。
enable-watchdog
Spawn threads to watch for excessive delays in specified message loops. User should set breakpoints on Alarm() to examine problematic thread.
Usage: -enable-watchdog=[ui][io]
Order of the listed sub-arguments does not matter.
指定されたメッセージループにおける過度の遅延を監視するスレッドを生成する。ユーザーは疑わしいスレッドを調べるために Alarm() 上にブレークポイントをセットするべきである。
使用法: -enable-watchdog=[ui][io]
従属引数の並びは問題ではない。
first-run
Display the First Run experience when the browser is started, regardless of whether or not it's actually the first run.
本当に初回起動かどうかに関係なく、ブラウザの開始時に初回起動のエクスペリエンスを表示する。
no-first-run
Bypass the First Run experience when the browser is started, regardless of whether or not it's actually the first run. Overrides kFirstRun in case you're for some reason tempted to pass them both.
本当に初回起動かどうかに関係なく、初回起動のエクスペリエンスを回避する。何らかの理由で kFirstRun(first-run) とこれとを渡そうとした場合、kFirstRun より優先する。
message-loop-histogrammer
Enable histograming of tasks served by MessageLoop. See about:histograms/Loop for results, which show frequency of messages on each thread, including APC count, object signalling count, etc.
MessageLoop によって提供されるタスクのヒストグラム化を有効化する。結果については about:histograms/Loop を参照してほしい。各スレッド上のメッセージ(APC カウント、オブジェクトシグナリングカウントなどを含む)の頻度が示される。
import
Perform importing from another browser. The value associated with this setting encodes the target browser and what items to import.
他のブラウザからのインポートを実行する。この設定に関連する値は、目的のブラウザとインポートする項目とを符号化したものである。
silent-dump-on-dcheck
Change the DCHECKS to dump memory and continue instead of displaying error dialog. This is valid only in Release mode when --enable-dcheck is specified.
エラーダイアログを表示するのではなくメモリをダンプして継続するために、DCHECKS を変更する。これは --enable-dcheck が指定された場合のリリースモードでのみ有効である。
disable-prompt-on-repost
Normally when the user attempts to navigate to a page that was the result of a post we prompt to make sure they want to. This switch may be used to disable that check. This switch is used during automated testing.
通常、ユーザーが post の結果のページへナビゲートすることを試みたとき、私たちは彼らが望んでいることを保証するようにする。このスイッチはそのチェックを無効化する。このスイッチは自動化テスト中に使用される。
disable-popup-blocking
Disable pop-up blocking.
ポップアップブロックを無効化する。
disable-javascript
Don't execute JavaScript (browser JS like the new tab page still runs).
JavaScript を実行しない(新規タブページなどのブラウザ JS は実行される)。
disable-web-security
Don't enforce the same-origin policy. (Used by people testing their sites.)
同じ始点のポリシーを強制しない。(自身のサイトをテストする人が使用する。)
disable-java
Prevent Java from running.
Java を実行しない。
disable-plugins
Prevent plugins from running.
プラグインを実行しない。
enable-plugins
Force plugins to run (for ports in progress where they are turned off by default).
プラグインを強制的に実行する(それらがデフォルトで無効化されている開発中の移植版向け)。
disable-images
Prevent images from loading.
画像をロードしない。
enable-remote-fonts
Enable remote web font support. SVG font should always work whether this option is specified or not.
リモートウェブフォントサポートを有効化する。このオプションの指定に関わらず、SVG フォントは常に動作しなければならない。
use-lf-heap
Use the low fragmentation heap for the CRT.
CRT のために低断片化ヒープを使用する。
gears-plugin-path
Debug only switch to specify which gears plugin dll to load.
どの gears プラグイン dll がロードされるかを指定するデバッグ専用スイッチ。
enable-fastback
Enable the fastback page cache.
ファーストバックページキャッシュを有効化する。
disable-p13n
(※訳注:説明なし)
enable-sdch
Enable support for SDCH filtering (dictionary based expansion of content). Optional argument is *the* only domain name that will have SDCH suppport. Default is "-enable-sdch" to advertise SDCH on all domains. Sample usage with argument: "-enable-sdch=.google.com" SDCH is currently only supported server-side for searches on google.com.
SDCH フィルタリング(辞書ベースの内容拡張)のサポートを有効化する。オプションの引数は、SDCH サポートを持つドメイン名のみである。デフォルトはすべてのドメイン上で SDCH を通知する "-enable-sdch" である。引数の使い方の例:"-enable-sdch=.google.com" 現在のところ SDCH は google.com 上の検索のためのサーバーサイドのサポートのみである。
enable-user-scripts
Enable user script support.
ユーザースクリプトのサポートを有効化する。
enable-extensions
Enable extensions.
エクステンションを有効化する。
extensions-update-frequency
Frequency in seconds for Extensions auto-update.
エクステンションの自動更新の秒単位の頻度。
install-extension
Install the extension specified in the argument. This is for MIME type handling so that users can double-click on an extension.
引数で指定されたエクステンションをインストールする。これはユーザーがエクステンション上でダブルクリックできるようにするための MIME タイプ処理のためである。
load-extension
Load an extension from the specified directory.
指定されたディレクトリからエクステンションをロードする。
pack-extension
Package an extension to a .crx installable file from a given directory.
指定されたディレクトリからエクステンションを .crx インストール可能ファイルにパッケージ化する。
pack-extension-key
Optional PEM private key is to use in signing packaged .crx.
署名付きパッケージ .crx において使用されるオプションの PEM プライベート鍵。
load-plugin
Load an NPAPI plugin from the specified path.
指定されたディレクトリから NPAPI プラグインをロードする。
user-scripts-dir
directory to locate user scripts in as an over-ride of the default
デフォルトに優先してユーザースクリプトを探すディレクトリ。
incognito
Causes the browser to launch directly in incognito mode.
ブラウザを匿名モードで直接起動する。
enable-renderer-accessibility
Turns on the accessibility in the renderer. Off by default until http://b/issue?id=1432077 is fixed.
レンダラ内のアクセシビリティをオンにする。http://b/issue?id=1432077 が修正されるまで、デフォルトはオフである。
test-name
Pass the name of the current running automated test to Chrome.
現在実行中の自動テストの名前を Chrome に渡す。
renderer-cmd-prefix
On POSIX only: the contents of this flag are prepended to the renderer command line. Useful values might be "valgrind" or "xterm -e gdb --args".
POSIX 上のみ: このフラグの内容はレンダラのコマンドラインの先頭に付加される。有用な値は "valgrind" または "xterm -e gdb --args" だろう。
utility-cmd-prefix
On POSIX only: the contents of this flag are prepended to the utility process command line. Useful values might be "valgrind" or "xterm -e gdb --args".
POSIX 上のみ: このフラグの内容はユーティリティプロセスのコマンドラインの先頭に付加される。有用な値は "valgrind" または "xterm -e gdb --args" だろう。
new-ftp
Temparary option for new ftp implemetation.
新しい ftp 実装のための一時的なオプション。
enable-native-web-workers
Enable Native Web Worker support
ネイティブウェブワーカーのサポートを有効化する。
web-worker-process-per-core
Causes the worker process allocation to use as many processes as cores.
ワーカープロセス割り当てにコアと同じ数のプロセスを使用させる。
web-worker-share-processes
Causes workers to run together in one process, depending on their domains. Note this is duplicated in webworkerclient_impl.cc
ワーカーをそのドメインに応じてひとつのプロセス内で一緒に実行させる。webworkerclient_impl.cc 内で重複していることに注意。
bookmark-menu
Enables the bookmark menu.
ブックマークメニューを有効化する。
auto-spell-correct
Enables auto spell correction.
自動スペル訂正を有効化する。
enable-stats-table
Enables StatsTable, logging statistics to a global named shared memory table.
グローバルな名前付き共有メモリテーブルに統計情報をロギングする StatsTable を有効化する。
disable-omnibox2
Disables the Omnibox2 popup and functionality.
Omnibox2 のポップアップと機能を無効化する。
disable-audio
Replaces the audio IPC layer for <audio> and <video> with a mock audio device, useful when using remote desktop or machines without sound cards. This is temporary until we fix the underlying problem.
<audio> および <video> のためのオーディオ IPC レイヤを疑似オーディオデバイスに置き換える。リモートデスクトップやサウンドカードのないマシンを使用するときに有用である。これは根本的な問題を修正するまでの一時的なものである。
simple-data-source
Replaces the buffered data source for <audio> and <video> with a simplified resource loader that downloads the entire resource into memory.
<audio> および <video> のためのバッファ型データソースを、全リソースをメモリにダウンロードする単純化されたリソースローダーに置き換える。
force-fieldtest
Some field tests may rendomized in the browser, and the randomly selected outcome needs to be propogated to the renderer. For instance, this is used to modify histograms recorded in the renderer, or to get the renderer to also set of its state (initialize, or not initialize components) to match the experiment(s).
The argument is a string-ized list of experiment names, and the associated value that was randomly selected. In the recent implementetaion, the persistent representation generated by field_trial.cc and later decoded, is a list of name and value pairs, separated by slashes. See field trial.cc for current details.
一部のフィールドテストはブラウザ内でランダム化され、そのランダムに選択された結果がレンダラに伝播される必要がある。例えばこれは、レンダラ内に記録されるヒストグラムを修正したり、状態(コンポーネントを初期化するか、初期化しないか)の集合にもレンダラに実験を合わせたりするために使用される。
引数は実験名とランダムに選択された関連する値との文字列化されたリストである。最新の実装では、field_trial.cc によって生成され後に復号される永続的表現は、スラッシュで区切られた名前と値との組のリストである。最新の詳細に付いては trial.cc を参照してほしい。
new-tab-page
Allows the new tab page resource to be loaded from a local HTML file. This should be a path to the HTML file that you want to use for the new tab page.
新規タブページのリソースをローカル HTML ファイルからロードすることを可能にする。これは新規タブページに使用したい HTML ファイルのパスでなければならない。
old-new-tab-page
Switches back to the old new tab page.
古い新規タブページに戻す。
disable-web-resources
Enables the backend service for web resources, used in the new tab page for loading tips and recommendations from a JSON feed.
ウェブリソースのためのバックエンドサービスを有効化する。新規タブページにおいて JSON フィードからチップスと推奨事項とをロードするために使用される。
disable-new-tab-first-run
Whether we should prevent the new tab page from showing the first run notification.
新規タブページが初回実行通知を表示するのを妨げるべきかどうか。
no-default-browser-check
Disables the default browser check. Useful for UI/browser tests where we want to avoid having the default browser info-bar displayed.
デフォルトブラウザチェックを無効化する。デフォルトブラウザの情報バーを表示させたくない UI/ブラウザのテストの場合に有用である。
privacy-blacklist
Enables the Privacy Blacklist with the specified data file. The file contains data from all imported blacklists.
指定されたデータファイルでプライバシーブラックリストを有効化する。ファイルはすべてのインポート済みブラックリストからのデータを含む。
enable-benchmarking
Enables the benchmarking extensions.
ベンチマークエクステンションを有効化する。
zygote-cmd-prefix
The prefix used when starting the zygote process. (i.e. 'gdb --args')
接合プロセスを開始するときに使用するプレフィクス。(つまり 'gdb --args')
thumbnail-store
Enables using ThumbnailStore instead of ThumbnailDatabase for setting and getting thumbnails for the new tab page.
新規タブページのためのサムネイルを設定・取得するために ThumbnailDatabase ではなく ThumbnailStore を有効化する。
try-chrome-again
Experimental. Shows a dialog asking the user to try chrome. This flag is to be used only by the upgrade process.
実験用。ユーザーに chrome を試すことを依頼するダイアログを表示する。このフラグはアップグレードプロセスによってのみ使用される。
file-descriptor-limit
The file descriptor limit is set to the value of this switch, subject to the OS hard limits. Useful for testing that file descriptor exhaustion is handled gracefully.
ファイルデスクリプタの制限は、OS のハード制限の下でこのスイッチの値をセットされる。ファイルデスクリプタの消耗が正常に処理されることをテストする場合に有用である。
enable-monitor-profile
On Windows, converts the page to the currently-installed monitor profile. This does NOT enable color management for images. The source is still assumed to be sRGB.
Windows 上で、現在インストール済みのモニタープロファイルにページを隠す。これは画像のためのカラーマネジメントを有効化しない。それでもソースは RGB であると見なされる。
enable-xss-auditor
Enable WebKit's XSSAuditor to mitigate reflective XSS. The XSSAuditor is still experimental.
反射型 XSS を軽減するために Webkit の XSSAuditor を有効化する。XSSAuditor はまだ試験中である。
renderer-crash-dumping
A flag, generated internally by Chrome for renderer command lines (Linux only). It tells the renderer to enable crash dumping since it cannot access the user's home directory to find out for itself.
レンダラコマンドラインのために Chrome によって内部的に生成されるフラグ(リナックスのみ)。これはレンダラに、自力でユーザーのホームディレクトリにアクセスできなくなるまでクラッシュダンプを有効化するように伝える。
enable-tabtastic2
Enables the new Tabstrip on Windows.
Windows 上で新しい Tabstrip を有効化する。
pinned-tab-count
Number of tabs to pin on startup. This is not use if session restore is enabled.
スタートアップ時に固定するタブ数。セッション復元が有効な場合には使用されない。
enable-local-storage
Enable local storage. Still buggy.
ローカルストレージを有効化する。まだバグがある。
enable-session-storage
Enable session storage. Still buggy.
セッションストレージを有効化する。まだバグがある。
disable-custom-jumplist
Disables the custom JumpList on Windows 7.
Windows 7 上でカスタム JumpList を無効化する。

以下は src/base/base_switches.cc で定義されているオプションです。


debug-on-start
If the program includes chrome/common/debug_on_start.h, the process will start the JIT system-registered debugger on itself and will wait for 60 seconds for the debugger to attach to itself. Then a break point will be hit.
プログラムが chrome/common/debug_on_start.h をインクルードしている場合、プロセスは自身で JIT システム登録済みデバッガを開始し、デバッガが自身にアタッチするために 60 秒間待機する。その後、ブレークポイントがヒットするだろう。
wait-for-debugger
Will wait for 60 seconds for a debugger to come to attach to the process.
デバッガがプロセスにアタッチするまで 60 秒間待機する。
noerrdialogs
Suppresses all error dialogs when present.
すべてのエラーダイアログを抑制する。
disable-breakpad
Disables the crash reporting.
クラッシュレポートを無効化する。
full-memory-crash-report
Generates full memory crash dump.
完全なメモリクラッシュダンプを生成する。
type
The value of this switch determines whether the process is started as a renderer or plugin host. If it's empty, it's the browser.
このスイッチの値は、プロセスがレンダラとして開始されるかプラグインホストとして開始されるかを決定する。空の場合、ブラウザになる。
enable-dcheck
Enable DCHECKs in release mode.
リリースモードにおいて DCHECK を有効化する。
no-message-box
Disable win_util::MessageBox. This is useful when running as part of scripts that do not have a user interface.
win_util::MessageBox を無効化する。ユーザーインターフェイスを持たないスクリプトの一部として実行中に有用である。
force-https
Refuse to make HTTP connections and refuse to accept certificate errors. For more information about the design of this feature, please see
ForceHTTPS: Protecting High-Security Web Sites from Network Attacks Collin Jackson and Adam Barth In Proc. of the 17th International World Wide Web Conference (WWW 2008)
Available at http://www.adambarth.com/papers/2008/jackson-barth.pdf
HTTP 接続の作成を拒否し、かつ認証エラーの受け入れを拒否する。この機能の設計に付いてのさらなる情報は以下を参照
ForceHTTPS: Protecting High-Security Web Sites from Network Attacks Collin Jackson and Adam Barth In Proc. of the 17th International World Wide Web Conference (WWW 2008)
http://www.adambarth.com/papers/2008/jackson-barth.pdf から入手可能

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/515-785799b5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。