スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]人類が知っていることすべての短い歴史  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]人類が知っていることすべての短い歴史

人類が知っていることすべての短い歴史

ビル・ブライソンの科学書。巻末に索引が載っている辺りが専門書っぽいですが、読み物と思って良いです。

非常に面白い。専門的な知識がなくても読めるという点ではアイザック・アシモフの科学エッセイシリーズに似ていますが、著者の主観が少ないことやより新しく書かれていることから、現在と過去の科学をリアルに読み取れます。

この手の本を読むときには印象的な部分に付箋を貼るのですが、この本には大量に貼りました。その中からいくつか抜き出すだけでも本書の面白さが伝わると思います。

恐竜絶滅の原因として最有力とされるチチュルブのクレーター。それと同規模の隕石が地球に接近したとき、どの程度の前兆があるのか。「『ああ、たぶん何もないでしょう。熱を帯びるまでは見えないし、そうなるのは大気圏に突入してからです。そのときには、地球にぶつかるまで約一秒しかありません。』」

「今では、人間の遺伝子情報の断片を取り出し、不完全なイースト菌に”接ぎ木”すると、イースト菌がまるで人間の胚のように動きだすという段階まで来ている。きわめて現実的な意味で、それはまさしく人間の胚なのだ」

HIV、いわゆるエイズが蚊によって伝染しない理由。「蚊が旅の途中で吸い上げたHIVは、すべて蚊自身の新陳代謝によって消滅するからだ。いつの日かウィルスがそのやりかたを変えたら、それこそゆゆしきことになる」

このブログで紹介したことのある「眼の誕生」は、カンブリア紀に突如として多種多様な生物が誕生した理由を、「視覚」の発生に求めました。しかし本書では「とはいえ、悲しいかな、現在では、結局、カンブリア爆発がさほど爆発的でなかったことが判明している。カンブリア紀の動物は、おそらくその前からずっと存在していたが、小さすぎて見つからなかっただけではないかと考えられているのだ」

分厚くて3,000円。余裕で元が取れます。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/539-25e840f7

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。