スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]IT  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]IT

IT〈1〉 (文春文庫)
IT〈2〉 (文春文庫)
IT〈3〉 (文春文庫)
IT〈4〉 (文春文庫)

スティーブン・キングの長編ホラー。全4巻。多作で映画の原作も多い同著者の作品の中でも、非常に評価の高い小説です。

27年前、アメリカの田舎町デリーに現れた正体不明の怪物「IT」。子供ながらにそれを倒した6人の仲間たちは、27年後に再び現れたそれに引かれるように帰郷し、再び立ち向かうことを決意する。本人がもっとも恐れているものを見せるIT。今回、大人になった6人は完全な勝利を得ることができるか。

読みやすいかと言えば、非常に読みにくいです。なんだろうな。村上春樹のような感じはあるものの、舞台がアメリカだからなのかピンとこない言い回しが多いんですよね。特に固有名詞が問題で、それが本当に「どうでもいい」かどうかが読み進まないと分からない。だから頻繁に詰まる。どうでもいいと思って軽く読んでいたら後になって登場してきて、読み返したら似ているけど別の固有名詞だったり。

私の感覚では、ホラーというより「スタンド・バイ・ミー」を彷彿とさせる冒険小説という印象です。日本人だとそう感じるのかもしれません。「恐さ」を求めるならこれ以上の国産小説は沢山あります。ちなみに「スタンド・バイ・ミー」の原作もスティーブン・キングです。

映像向きの小説ですね。映像化は大変そうですが。amazonではかなりの高評価ですけど、私としてはかなり読み手を選ぶ小説だと感じました。値段も790円×4巻で決して安くありません。少し立ち読みでもしてから決めましょう。


2010/06/16 追記。映像化されていないと思って書いたんですが、映画化されてたんですね。アルファルファモザイクで知りました。wikipediaのIT。「前半は回想がほとんどを占め、ホラー要素さえなければ『スタンド・バイ・ミー』のような青春ものである」なんて説明もありました。やっぱりそうですよね。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/541-333e9f05

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。