スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]無人島に生きる十六人  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]無人島に生きる十六人

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)

須川邦彦の実話小説。

明治31年の暮れ、漁業調査のために日本を出航した「龍睡丸」が太平洋上で座礁した。なんとか無人島にたどり着いた男ばかり16人の船員たちは、その最悪の状況を創意工夫と規律で乗り越える。飲料水や火を確保し、食料の海亀や魚を採り、近くの別の島から燃料となる流木を集め、難破船の残骸からはぎ取った銅板に救助を乞う内容を彫り海に流す。16人が日本に帰れる日は来るのか。

実話です。著者の須川邦彦は、龍睡丸の船長である中川倉吉の教え子です。

16人の無人島生活は常に前向きで終始あっけらかんとしています。無人島生活を充実したものにしようとした努力がいきいきと書かれており、登場人物を身近に感じられます。知恵や工夫や技術で生き延びていく様もうまく書かれています。これが100年以上前の話とは思えません。

男ばかり16人が何ヶ月も無人島で生活していたとなると、現実にはシモの話も当然あったはずですし、船員たちの間に多少なりとも反目はあったでしょうが、その辺りはまったく触れられていません。気持ちよく読める部分だけを抜き出した小説です。おかげで読後感も気持ちいい。

子供を対象に書かれているのか平仮名が多く、多少読みにくさを感じます。なお、私は本を購入しましたが、青空文庫で全文無料で読めます

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://srgia.blog46.fc2.com/tb.php/543-68223f5a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。