スポンサーサイト  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[本]無人島に生きる十六人  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]無人島に生きる十六人

無人島に生きる十六人 (新潮文庫)

須川邦彦の実話小説。

明治31年の暮れ、漁業調査のために日本を出航した「龍睡丸」が太平洋上で座礁した。なんとか無人島にたどり着いた男ばかり16人の船員たちは、その最悪の状況を創意工夫と規律で乗り越える。飲料水や火を確保し、食料の海亀や魚を採り、近くの別の島から燃料となる流木を集め、難破船の残骸からはぎ取った銅板に救助を乞う内容を彫り海に流す。16人が日本に帰れる日は来るのか。

実話です。著者の須川邦彦は、龍睡丸の船長である中川倉吉の教え子です。

16人の無人島生活は常に前向きで終始あっけらかんとしています。無人島生活を充実したものにしようとした努力がいきいきと書かれており、登場人物を身近に感じられます。知恵や工夫や技術で生き延びていく様もうまく書かれています。これが100年以上前の話とは思えません。

男ばかり16人が何ヶ月も無人島で生活していたとなると、現実にはシモの話も当然あったはずですし、船員たちの間に多少なりとも反目はあったでしょうが、その辺りはまったく触れられていません。気持ちよく読める部分だけを抜き出した小説です。おかげで読後感も気持ちいい。

子供を対象に書かれているのか平仮名が多く、多少読みにくさを感じます。なお、私は本を購入しましたが、青空文庫で全文無料で読めます

松本人志とオジンガーZ  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 松本人志とオジンガーZ

去年の年末にやろうと思って出来なかったというかしなかったデジタル大掃除。天気が悪くて出かける気がしないので、バックアップの整理だけしました。昔のバックアップDVD-Rを整理していたら「松本人志の放送室」の録音が出てきました。久しぶりに聞いても面白いです。生で聞けるときは録音しない回もあったので、残念ながら回は飛び飛びです。毎回録っとけばよかったなぁ。

内容は松本人志と彼の幼馴染で放送作家の高須光聖とのトークです。お笑いタレントの番組ですから基本はお笑いなのですが、そんな中で時々真面目なエピソードがありました。以下は私の好きなエピソード、「ダウンタウンのごっつええ感じ」でオジンガーZを演じていた橋爪光男さんが亡くなったときの話です。

この番組は当初毎週ひらがな一文字から始まるテーマをお題にトークをしていて、この週の文字は「ん」でした。

高須「俺ぇ、あぁそうかぁ、今週『ん』かぁと思って、
   あのぉ、あれ思い出したのよ、あのぉ、
   オジンガーと福井さんの、あのぉ、しりとりのやり合い」
松本「はいはいはい、あれ面白かったねぇ」
高須「あれ面白かったなぁ。
   あれ『ん』が来たときに『運動場』言うてもうたんやろ?
      あのぉ、橋爪さん」
松本「はいはいはいはい」
高須「あの橋爪さん、あれ?亡くなったんやったけあの人?」
松本「橋爪さん亡くなったよ」
高須「なぁ、オジンガー」
松本「俺、橋爪さん、あのー、あれやもん、行ったで家、俺」
高須「あ、あぁそぉ。あ、葬式のときに?」
松本「いや、お葬式は行ってないねんけど、あのー、何日後かに」
高須「あぁ、そー」
松本「うん、こっそりちょっと、行ってきた」
高須「あぁー、そうかいな」
松本「うん」
高須「うゎー俺知らんはそれ」
松本「知らん」
高須「俺いつのまにかもう、亡くなってたというの聞いて」
松本「いや俺はちょっと橋爪さん好きやったからぁ」
高須「んー」
松本「あのー、もーだから亡くなるまで、
   だいぶ前にもう『ごっつ』はもう終わってたからかなねぇ」
高須「終わってたからね、もうとっくに終わってたからね」
松本「だからあれやってんけど、だからぁちょっともう聞いて」
高須「え、誰から聞いたんそれ?」
松本「『こす』に聞いたんちゃうかなぁ」
高須「あぁそうかいな」
松本「うん」
高須「『ごっつ』終わってからやから、
   そんなん別に会えへんもんなぁ?」
松本「会えへん会えへん」
高須「あぁそー、じゃ連絡あったんやそれ」
松本「『こす』から連絡もろてぇ、ほんで俺ちょっと住所聞いてぇ」
高須「わぁえらいなー」
松本「行ったよ俺」
高須「へー、まぁえらいというかまぁそやなぁ、一緒の、
   まぁ言やぁレギュラーやもんな」
松本「うん」
高須「毎週会ってたわけやからな、一時期はずーっとなぁ」
松本「うん」
高須「いやぁ」
松本「それがなぁー、もーちょっともーまた俺、もーなんかもー、
      もーちょっとねぇ」
高須「ブルーなんのかいな」
松本「ブルーって言うかねぇ」
高須「うん」
松本「あのぉ、あのぉ、もー橋爪さんもぉ居てはれへん」
高須「お骨」
松本「もうお骨になってんねんけどぉ、橋爪さんの写真とぉ、
   で、オジンガーの写真もちゃんと」
高須「ほー」
松本「それ別に俺が来るからってわけじゃないと思うねん」
高須「多分そうやろな」
松本「うん、やっぱあのひとの、そのー、人生の中にぃ、
   やっぱあれってぇ、」
高須「あー、そらええことやな」
松本「あのーそここおっきいこと、やんかぁやっぱり」
高須「いや、そらそうやわ」
松本「で、奥さんもまだいてはるからぁ」
高須「うん」
松本「で、奥さんが多分やったと思うねんけどぉ」
高須「へぇー」
松本「あのぉ、オジンガーの写真もねぇ、ちゃんと」
高須「へー、銀の鼻付けた?」
松本「そぉそぉそぉそぉ」
高須「はぁー、あぁそー」
松本「うん」
高須「いや、助けてもろたからなぁあの人はな」
松本「『あら』っと思たで、もうこれは、あぁ、
   これはもう、もう、もうだめです、
   もうこんなん見せられたらもうだめですわぁって思ったねぇ」
高須「あーそぉ」
松本「うん」

amazonでCD化されてるんですね。1話1枚で10枚組が10セット、一話あたり約500円。300回くらいは放送していた思うんですけど、第100回までなのかな。

放送室 1
放送室 1

[本]IT  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]IT

IT〈1〉 (文春文庫)
IT〈2〉 (文春文庫)
IT〈3〉 (文春文庫)
IT〈4〉 (文春文庫)

スティーブン・キングの長編ホラー。全4巻。多作で映画の原作も多い同著者の作品の中でも、非常に評価の高い小説です。

27年前、アメリカの田舎町デリーに現れた正体不明の怪物「IT」。子供ながらにそれを倒した6人の仲間たちは、27年後に再び現れたそれに引かれるように帰郷し、再び立ち向かうことを決意する。本人がもっとも恐れているものを見せるIT。今回、大人になった6人は完全な勝利を得ることができるか。

読みやすいかと言えば、非常に読みにくいです。なんだろうな。村上春樹のような感じはあるものの、舞台がアメリカだからなのかピンとこない言い回しが多いんですよね。特に固有名詞が問題で、それが本当に「どうでもいい」かどうかが読み進まないと分からない。だから頻繁に詰まる。どうでもいいと思って軽く読んでいたら後になって登場してきて、読み返したら似ているけど別の固有名詞だったり。

私の感覚では、ホラーというより「スタンド・バイ・ミー」を彷彿とさせる冒険小説という印象です。日本人だとそう感じるのかもしれません。「恐さ」を求めるならこれ以上の国産小説は沢山あります。ちなみに「スタンド・バイ・ミー」の原作もスティーブン・キングです。

映像向きの小説ですね。映像化は大変そうですが。amazonではかなりの高評価ですけど、私としてはかなり読み手を選ぶ小説だと感じました。値段も790円×4巻で決して安くありません。少し立ち読みでもしてから決めましょう。


2010/06/16 追記。映像化されていないと思って書いたんですが、映画化されてたんですね。アルファルファモザイクで知りました。wikipediaのIT。「前半は回想がほとんどを占め、ホラー要素さえなければ『スタンド・バイ・ミー』のような青春ものである」なんて説明もありました。やっぱりそうですよね。

RFC 2577 翻訳公開  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - RFC 2577 翻訳公開

RFC2577 日本語訳を公開しました。FTPセキュリティ考察です。

1999年公開のRFCですので、11年前になります。内容はいたってノーマル、今となってはやや旧聞に属する話ばかりですが、こんな時代もあったんだなぁと。

お約束。正確な意味を知りたい場合は必ず原文を当たってください。

[本]人類が知っていることすべての短い歴史  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - [本]人類が知っていることすべての短い歴史

人類が知っていることすべての短い歴史

ビル・ブライソンの科学書。巻末に索引が載っている辺りが専門書っぽいですが、読み物と思って良いです。

非常に面白い。専門的な知識がなくても読めるという点ではアイザック・アシモフの科学エッセイシリーズに似ていますが、著者の主観が少ないことやより新しく書かれていることから、現在と過去の科学をリアルに読み取れます。

この手の本を読むときには印象的な部分に付箋を貼るのですが、この本には大量に貼りました。その中からいくつか抜き出すだけでも本書の面白さが伝わると思います。

恐竜絶滅の原因として最有力とされるチチュルブのクレーター。それと同規模の隕石が地球に接近したとき、どの程度の前兆があるのか。「『ああ、たぶん何もないでしょう。熱を帯びるまでは見えないし、そうなるのは大気圏に突入してからです。そのときには、地球にぶつかるまで約一秒しかありません。』」

「今では、人間の遺伝子情報の断片を取り出し、不完全なイースト菌に”接ぎ木”すると、イースト菌がまるで人間の胚のように動きだすという段階まで来ている。きわめて現実的な意味で、それはまさしく人間の胚なのだ」

HIV、いわゆるエイズが蚊によって伝染しない理由。「蚊が旅の途中で吸い上げたHIVは、すべて蚊自身の新陳代謝によって消滅するからだ。いつの日かウィルスがそのやりかたを変えたら、それこそゆゆしきことになる」

このブログで紹介したことのある「眼の誕生」は、カンブリア紀に突如として多種多様な生物が誕生した理由を、「視覚」の発生に求めました。しかし本書では「とはいえ、悲しいかな、現在では、結局、カンブリア爆発がさほど爆発的でなかったことが判明している。カンブリア紀の動物は、おそらくその前からずっと存在していたが、小さすぎて見つからなかっただけではないかと考えられているのだ」

分厚くて3,000円。余裕で元が取れます。

日本はコミュニケーションを必要とするスポーツに弱いのか?  このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 日本はコミュニケーションを必要とするスポーツに弱いのか?

猪瀬直樹さんのコラム「日本サッカーと欧州の違いは言語技術の差」によると

…… 日本人は、「30人31脚」や大縄跳びのように、横にそろって一緒にやるチームワークには強い。野球のようにポジションが決まっているチームワークも得意だ。

 しかし、サッカーやバスケットボール、ラグビー、アメリカンフットボールのように、個人がそれぞれ判断し、コミュニケーションをとりながら動的にチームワークを発揮していくことは苦手である。

あーそうかも、と思ったんですが、実際のところ日本の順位はどうなんだろう。

野球の世界ランキング。IBAFのランキングによれば、2009年10月19日時点で日本は75カ国中の3位。確かに強い。

サッカーの世界ランキング。FIFAのランキングによれば、2010年5月26日時点で日本は102カ国中の45位。確かに上位ではない。

バスケットボールの世界ランキング。FIBAのランキングによれば、2009年時点で日本男子は75カ国中の32位。女子は69カ国中の14位。男女総合では93カ国中の24位。悪くない。

ラグビーの世界ランキング。IRBラグビー世界ランキングによれば、2010年5月31日時点で日本は95カ国中の13位。これも悪くない。

アメリカンフットボールの世界ランキング。探したけどないのかな? wikipediaのアメリカンフットボール日本代表によれば、ワールドカップがこれまで3回開催されていて、日本は1999年に優勝、2003年も優勝、2007年は準優勝。むちゃくちゃ強いじゃないか。

ちなみにバレーボールの世界ランキング。FIVBのランキングによれば、2010年1月15日時点で日本男子は122カ国中の11位。女子は110カ国中の5位。かなり強いじゃないか。

男子だけに注目して、野球の上位10カ国が他の競技で何位なのかを調べてみました。アメフトはランキングがなかったので外し、バレーボールを含めてみました。横軸の競技の「レ」はバレーボールです。

                       競技
               野  サ  バ  ラ  レ  平均順位 ()は不参加の競技がある国
キューバ        1  --  --  --   6    (3.5)
アメリカ        2  14   2  18   4     8.0
日本            3  45  32  13  11    20.8
韓国            4  47  27  32  21    26.2
台湾            5  --  42  60  26   (33.3)
オランダ        6   4  --  35   8   (13.3)
カナダ          7  63  19  14  24    25.4
メキシコ        8  17  30  --  28   (20.8)
ベネズエラ      9  49  23  59  30    34.0
プエルトリコ   10  --  10  --  14   (11.3)

順位の平均に意味あるのかっていう感じですが、比較のためだけの数字です。こうして見ると日本は決して悪くないです。全競技参加している国の中ではアメリカに次いで2番手、不参加競技のある国を含めても5番手。少なくとも下位ではありません。

サッカーの上位10カ国が他の競技で何位なのかも調べてみました。日本も加えて計11カ国です。本来調べなきゃいけないはこのランキングでしたね。

                       競技
               野  サ  バ  ラ  レ  平均順位 ()は不参加の競技がある国
ブラジル       35   1  14  27   1    15.6
スペイン       17   2   3  23  40    17.0
ポルトガル     66   3  49  21  --   (34.8)
オランダ        6   4  --  35   8   (13.3)
イタリア       12   5   8  11   7     8.6
ドイツ         20   6   7  30   9    14.4
アルゼンチン   --   7   1   6  19    (8.3)
イングランド   21   8  58   7  74    33.6
クロアチア     25   9  15  42  45    27.2
フランス       28  10  15   4  48    21.0
日本            3  45  32  13  11    20.8

日本は全競技参加している8カ国の中で5番手、不参加競技のある国を含めると7番手。11カ国中なので中の下です。

猪瀬さんのコラムの通りなら、サッカーの強い国はバスケットボールやラグビーも強いはずです。日本のラグビーの13位を「苦手」と判断する猪瀬さん基準なら、それに当てはまるのはイタリアとアルゼンチンだけです。というかイタリアすごいですね、万能です。

結局、日本はサッカーの45位が目立つだけです。人種の体格差を考えればバスケットの32位は大健闘でしょう。同じく体格差の影響しそうなラグビーの13位やバレーボールの11位なんて驚異的ですし、アメフトは実は世界最強クラスです。

日本は弱くないのでした。バレーボールを加えたのは失敗だったか。何の調査だかよく分からなくなってしまった。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。